奈良県の梅 2020年の名所から穴場までおすすめスポット7選|梅園・梅林

奈良県 梅

奈良県には、奈良県三大梅林といわれる「月ケ瀬梅渓」「賀名生梅林」「広橋梅林」をはじめ様々な梅の名所があります。

そんな奈良県の梅の名所から穴場までおすすめスポット7選をご紹介していきます。

スポンサーリンク

奈良県の梅の名所から穴場までおすすめスポット

①奈良公園の片岡梅林

片岡梅林

奈良公園の中にある片岡梅林には、約250本の梅の木が植えられています。

鹿と梅のコラボレーションを楽しめる貴重な場所となっています。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

②大和郡山 盆梅展

大和郡山 盆梅展

奈良県大和郡山市の郡山城跡、追手門・追手向櫓・多聞櫓で開催される「大和郡山 盆梅展」では、大和郡山市内の愛好家が丹精込めて育てた「盆梅」約120鉢をお城の櫓内で見ることができます。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

③菅原天満宮の盆梅展

菅原天満宮 梅

奈良県奈良市菅原町に建つ菅原天満宮では、「黄金梅」「思いのまま」「しだれ梅」などの盆梅が約150鉢展示される盆梅展が毎年開催されます。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

④月ケ瀬梅渓

奈良県奈良市月ケ瀬長引にある月ケ瀬梅渓では、約1万本の梅の景色を見ることができます。

例年の梅の見頃は、3月上旬から3月下旬頃で、見頃の時期には「月ケ瀬梅渓梅まつり」が開催され多くの人たちが観梅に訪れます。

現在の梅の開花状況については、月ヶ瀬観光協会のサイトで確認することができます。

→月ヶ瀬観光協会の公式サイトはこちら

⑤賀名生梅林

奈良県五條市西吉野町に賀名生梅林があります。

約30haの梅林は、2月下旬から3月下旬頃に見頃を迎え、約20,000本の梅の花が咲き誇ります。

現在の梅の開花状況については、五條市役所のサイトで確認することができます。

→五條市役所のサイトはこちら

⑥広橋梅林

奈良県吉野郡下市町広橋にある広橋梅林には、約5000本の紅白の梅が植えられています。

例年の梅の見頃は、2月下旬から3月下旬頃で、見頃の時期に合わせて「梅の里山まつり」が開催されます。

→下市町役場のサイトはこちら

⑦追分梅林

奈良県奈良市大和田町にある追分梅林は、2010年頃までは、約4000本の梅が咲き誇る梅の名所でしたが、突然の土壌の悪化によって、大半の木が枯死したため2011年3月から一旦閉園してしまいました。

その後、2016年の春には70本ほどの木で開花したため観梅会が行われ、現在も復興に向けて歩んでいます。

アクセス方法などの詳しい情報については、奈良市観光協会のサイトでご確認ください。

→奈良市観光協会サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す