善養寺(小岩不動尊)の御朱印と影向の松・アクセス方法

東京都江戸川区東小岩2丁目に建つ善養寺(小岩不動尊)へ御朱印を頂きに行ってきました。 境内には、樹齢600年以上ともいわれる日本屈指の松「影向の松」が立っています。 そんな境内の様子を写真でお伝えするとともに、アクセス方法などについてもご紹介していきます。 善養寺(小岩不動尊)の御朱印 こちらが善養寺(小岩不動尊)の御朱印になります。 善養寺(小岩不動尊)の影

続きを読む

光則寺の御朱印と御首題・アクセス方法

鎌倉市長谷3丁目に建つ光則寺へ御朱印と御首題を頂きに行ってきました。 鎌倉有数の花寺としても知られる光則寺は、一年を通して様々な花を楽しむことができますが、長谷寺と鎌倉大仏に挟まれた場所にあるためか、あまり訪れる人の数も多くなく、穴場スポット的な場所になっています。 また、境内の裏山には、日蓮の弟子の日朗が幽閉された土牢がいまでも残っています。 そんな境内の様子をも写真で

続きを読む

横須賀・東漸寺の御朱印とアクセス方法

神奈川県横須賀市武2丁目に建つ東漸寺(とうぜんじ)へ御朱印を頂きに行ってきました。 鎌倉二十四地蔵の十九番札所で、日金地蔵尊が祀られていることでも知られています。 そんな東漸寺の境内と様子とアクセス方法などについてもご紹介していきます。 横須賀・東漸寺の御朱印 こちらが東漸寺の御朱印の御朱印になります。 横須賀・東漸寺へのアクセス方法(行き方) 電車とバ

続きを読む

仏行寺の御朱印と御首題・アクセス方法

神奈川県鎌倉市笛田に建つ日蓮宗の仏行寺へ御朱印と御首題を頂きに行ってきました。 石橋山の戦いで源頼朝を救ったとされる梶原景時の子、源太景季に縁のあるお寺で、裏山には、景季の片腕が埋められていると伝わる「源太塚」があります。 そんな境内の様子とともに、アクセス方法などについてもご紹介していきます。 仏行寺の御朱印 こちらが仏行寺の御朱印になります。 仏行寺の

続きを読む

布引観音の御朱印とアクセス方法・駐車場は?

長野県小諸市に建つ布引山釈尊寺へ御朱印を頂きに行ってきました。 境内の様子を写真でお伝えするとともに、アクセス方法や駐車場の情報についてもご紹介していきます。 また、私自身は小諸駅からレンタサイクル(自転車)で行ってきましたので、その道のりや所要時間についても細かくご紹介していきます。 布引観音の御朱印 こちらが布引山釈尊寺の御朱印になります。 布引観音へ

続きを読む

石神井氷川神社の御朱印とご利益は?アクセス方法や駐車場は?

東京都練馬区石神井台1丁目に建つ石神井氷川神社へ御朱印を頂きに行ってきました。 境内の様子とともに、ご利益やアクセス方法、駐車場についてもご紹介していきます。 石神井氷川神社の御朱印 こちらが石神井氷川神社の御朱印になります。 御朱印は、境内入って左手にあるこちらの社務所で頂くことができます。 石神井氷川神社のご利益 御祭神 須佐之男命(すさの

続きを読む

長泉院の御朱印(秩父札所29番へのアクセスは?)

埼玉県秩父市荒川上田野に建つ長泉院へ御朱印を頂きに行ってきました。 秩父札所29番として古くから多くの人々が巡礼に訪れてきたお寺では、四季折々の花を楽しむことができます。 御朱印と境内の様子を写真でお伝えするとともに、アクセス方法についてもご紹介していきます。 長泉院の御朱印 こちらが秩父札所29番、長泉院の御朱印になります。 御朱印は、入って参道を進

続きを読む

道光寺の御朱印とご利益は?アクセス方法と駐車場は?

埼玉県秩父郡長瀞町岩田に建つ吉祥山道光寺へ御朱印を頂きに行ってきました。 境内の様子とともに、道光寺へのアクセス方法(行き方)や最寄り駅、駐車場についてもご紹介していきます。 道光寺の御朱印 こちらが長瀞七草寺のひとつである道光寺の御朱印になります。 道光寺のご利益 御本尊である釈迦は、衆生の苦を救ってくださるといわれています。 また、脇侍の文殊菩薩

続きを読む

長瀞・法善寺の御朱印 <アクセス方法に駐車場は?>

埼玉県秩父郡長瀞町に建つ臨済宗妙心寺派のお寺、金嶽山法善寺へ御朱印を頂きに行ってきました。 境内の様子とともに、法善寺へのアクセス方法(行き方)や最寄り駅、駐車場についてもご紹介していきます。 長瀞・法善寺の御朱印 こちらが長瀞七草寺のひとつである法善寺の御朱印です。 御朱印以外にもてぬぐいなどが置かれていました。 長瀞・法善寺の境内 法善寺は、

続きを読む

小村井香取神社の御朱印とご利益・アクセス方法は?

東京都墨田区文花に鎮座する小村井香取神社へ御朱印を頂きに行ってきました。 境内の様子とともに、ご利益やアクセス方法(行き方)などについてもご紹介していきます。 小村井香取神社の御朱印 小村井香取神社の御朱印は、2種類になります。 また、ネットなどで調べると御朱印の対応は梅まつり期間限定と書いてあるブログがあるので、御朱印を頂きに行くときはご自身で調べてから行

続きを読む