国営昭和記念公園の桜 2019の見頃・開花状況・ライトアップは?

国営昭和記念公園 桜

東京都立川市と昭島市にある国営昭和記念公園へ桜を見に行ってきました。

桜の名所として知られる公園内には、約30品種・1500本の桜の木が植えられていて、多くの人たちがお花見に訪れる人気スポットです。

そんな公園の様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況、ライトアップの情報などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

国営昭和記念公園の桜の見頃

国営昭和記念公園の桜の見頃は、例年3月下旬から4月上旬頃です。

国営昭和記念公園 桜 見頃

国営昭和記念公園の桜の開花状況

桜の開花状況については、国営昭和記念公園が運営しているホームページで確認することができます。

→国営昭和記念公園の桜の開花状況はコチラ

国営昭和記念公園 桜 開花状況

国営昭和記念公園の桜のライトアップ

桜の見頃の時期に合わせて、ライトアップが行われ夜桜散歩をすることができます。

残念ながら、夜間はレジャーシート等を敷いてのお花見はできませんのでご注意ください。

  • 時間:17時から20時
  • 場所:ふれあい橋下~さくら橋手前(旧桜の園)

国営昭和記念公園 桜 ライトアップ

国営昭和記念公園の桜の場所

①旧桜の園(ふれあい橋下~さくら橋手前)

まずご紹介するのが夜桜の場所にもなっている旧桜の園(ふれあい橋下~さくら橋手前)です。

国営昭和記念公園 桜 場所

橋の上からは、残堀川沿いに咲く桜の景色を一望することができます。

昭和記念公園 桜 場所

国営昭和記念公園 花見

昭和記念公園 花見

昭和記念公園 桜

国営昭和記念公園 旧桜の園

 

②桜の園(みんなの原っぱ北側)

昭和記念公園のお花見スポットといえば、みんなの原っぱ北側にある桜の園です。

昭和記念公園 桜の園

菜の花と桜の美しい共演を楽しむことができます。

また、樹齢40~50年の大木が多くあり、すぐ近くで桜を眺めることができます。

昭和記念公園 菜の花

桜の木の下は、お花見をする人たちで溢れていました。

昭和記念公園 お花見

桜とともに、菜の花も見頃を迎えています。

菜の花の詳しい情報は、別のページに載せていますのでぜひこちらもご覧ください。

 

国営昭和記念公園のお花見の混雑状況

昭和記念公園は、お花見の人気スポットなので、見頃の時期にはたいへんな賑わいになります。

土・日・祝日ともなれば開門前から長蛇の列になります。

私は、土曜日の開門前に訪れたましたが、すでに列ができていました。

昭和記念公園 桜 混雑

公園は東京ドームの39倍という広さなので、場所を選ばなければお花見できるところはたくさんあります。

ただし、桜の木の下でお花見をしたいと思っているなら、朝市で出かけることをおすすめします。

とくに人気の桜の園は混雑必死です。

国営昭和記念公園 花見 混雑

【動画】国営昭和記念公園の桜の景色

国営昭和記念公園の桜の景色を動画にもしてみました。

一年を通して様々な花を楽しむことができる公園の春の景色をぜひ動画でもご覧ください。

【動画】旧桜の園(ふれあい橋下~さくら橋手前)の景色

【動画】桜の園(みんなの原っぱ北側)の景色

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す