鎌倉・明月院の花菖蒲(ハナショウブ)2019の見頃の時期は?

明月院 花菖蒲

鎌倉の明月院といえば、「明月院ブルーのあじさい寺」と呼ばれるくらい紫陽花(あじさい)が有名ですが、実は本堂の裏の庭園には、花菖蒲(ハナショウブ)が見頃を迎えています。

通常、本堂裏にある後庭園は非公開になっているのですが、花菖蒲(ハナショウブ)と紅葉の時期のみ一般公開されます。

そんな、明月院の花菖蒲(ハナショウブ)の様子を写真でお伝えするとともに、見頃の時期についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク


明月院の花菖蒲(ハナショウブ)見頃の時期は

明月院 花菖蒲 見頃

明月院の花菖蒲(ハナショウブ)見頃は、6月初旬から中旬にかけてです。

見頃の時期だけ一般公開されるので、ご注意ください。

例年は、6月はじめから2~3週間程度のようです。

明月院の花菖蒲(ハナショウブ)拝観料(入場料)と時間

明月院 花菖蒲 入場料

花菖蒲(ハナショウブ)を見るには、別途500円かかります。

通常の拝観料に加えて、さらに500円かかるので花菖蒲(ハナショウブ)を見る人は、意外と少ないですが、通常非公開な後庭園を見れるうえに、想像以上に素敵な花菖蒲なので、見られることをおすすめします。

明月院の花菖蒲(ハナショウブ)を写真で紹介

明月院の花菖蒲(ハナショウブ)は、方丈と書かれた本堂の後の庭園に植えられています。
明月院 本堂 紫陽殿 方丈

悟りの窓

本堂にある「悟りの窓」の向こう側が花菖蒲(ハナショウブ)のある後庭園です。

この時期と紅葉のときにしか見ることができないので、あじさいと一緒に見られることをおすすめします。
悟りの窓

入口は、本堂の左側にあります。

IMG_9866

ここで、拝観志納金500円を納めます。

IMG_9865

庭園の中に入ると、青い芝生と奥に花菖蒲が見える美しい庭園が広がっていました。

境内は、あじさいを見る人たちで歩けないくらい混んでいるのですが、こちらの庭園はかなり人が少なかったです。

やっぱり、さらに500円払うのは大きいのだと思います。

IMG_9863

明月院の花菖蒲(ハナショウブ)

奥に進むと花菖蒲が一面に植えられていました。

明月院 ハナショウブ

ちょうど見頃を迎えているようです。

花菖蒲 明月院

3000株の花菖蒲が植えられているそうで、あじさいに負けないくらい幻想的な光景でした。

ハナショウブ 明月院

500円を払う価値はあると思います。

鎌倉 明月院 花菖蒲

せっかく花菖蒲が見頃の明月院に足を運ばれたなら、ここは見ておいた方がいいと思いました。

鎌倉 明月院 ハナショウブ

素敵です。

IMG_9807

IMG_9803

色々な色と種類の花菖蒲が咲いていて、心を癒してくれました。

IMG_9797
IMG_9806

 

IMG_9794
IMG_9802
IMG_9798

 

IMG_9837

 

姫あじさいのさし木

姫あじさいのさし木も後庭園には植えてありました。

毎年剪定した内から約300鉢さし木を行い新旧の更新を計るそうです。

1年間植木鉢で大切に育て、その後山中の畑におろし、さし木から4年から5年かけてようやく私達の目にふれられるそうです。

姫あじさい さし木

丁寧に育てられたあじさいなんだなと改めて感じます。

IMG_9822

IMG_9821
IMG_9823

 

IMG_9825

 

炭焼きの窯

昭和の初期に使用されていた炭焼きの窯が庭園内にありました。

炭焼きの窯

緑が一面に広がった後庭園の中は、人の数もそれほど多くなくて、とても過ごしやすい雰囲気でした。

IMG_9854

赤地蔵

明月院 赤地蔵
明月院 赤地蔵 説明

青地蔵

明月院 青地蔵
明月院 青地蔵 説明

 

花菖蒲だけでなく、庭園自体もとても魅力的でした。

IMG_9857

「悟りの窓」を反対から見ることができ、ちょっと得した気分です。

IMG_9862

秋にも一般公開されるということなので、その時期も足を運んでみたいという気持ちになりました。

花菖蒲を見ている人が思いのほか少なかったのですが、想像以上に素敵な庭園と景色だったので、500円払って見てみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



2 Responses to “鎌倉・明月院の花菖蒲(ハナショウブ)2019の見頃の時期は?”

コメントを残す