東慶寺の岩がらみ(イワガラミ)2020年の見頃・開花状況は?|鎌倉市山ノ内

東慶寺 イワガラミ

鎌倉の東慶寺へ岩がらみ(イワガラミ)を見てきました。

東慶寺の本堂裏で見ることができる岩がらみ(イワガラミ)は、毎年2週間程度の特別公開で、普段は一般の人は入ることができない場所なので、たくさんの人が行列を作ってまで見てみたいと思う人気スポットになっています。

その行列は年々長くなっているそうですが、私が行ったときもかなりの行列でビックリしました。

スポンサーリンク


東慶寺の東慶寺の岩がらみ(イワガラミ)見頃・開花状況

東慶寺 イワガラミ 見頃

東慶寺のイワガラミは、毎年6月上旬に特別公開されますが、年々気候の影響で開花時期・見頃が変わるので、行かれる前は特別公開の時期をしっかりと確認してから行かれるようにしてください。

 

また、公開している時間もとても短いので気をつけてください。

平日は1日2回で、時間が11時:00分から12時00分と13時00分から14時00分。

土・日曜日は1日1回しかなく、時間は朝の9時00分から10時00分までとなっています。

 

イワガラミの公開時期や時間は東慶寺のホームページで、現在の開花状況についてはフェイスブックページやインスタグラムで確認することができます。

→東慶寺のホームページはこちら

東慶寺の岩がらみ(イワガラミ)を写真で紹介

イワガラミは本堂裏にあるのですが、本堂に入るまでにすでに長い行列ができていました。

私が並んだときには、松岡宝蔵のところまで列ができていたので、本堂に入るのにもかなりの時間がかかりました。

東慶寺 本堂

本堂の敷地内に入ると立派な五重石塔が目に飛び込んできました。

東慶寺 五重石

本堂にあがるのにも長い列が続きます。

鎌倉 東慶寺 本堂

本堂には靴を履いたままあがれるようになっていました。

特別公開ということですが、追加の拝観料がかかるということはありませんので、安心してください。

IMG_0088

本堂の裏へ歩いて行きます。

IMG_0089

岩肌に一面のイワガラミが咲いていました。

IMG_0112

本堂裏の短い距離なので、みんな夢中で見ていました。

IMG_0110

イワガラミはユキノシタ科の木だそうです。

東慶寺 岩がらみ

鎌倉 東慶寺 イワガラミ

鎌倉 東慶寺 岩がらみ

岩がらみ 東慶寺

イワガラミ 東慶寺

東慶寺 いわがらみ

 

IMG_0103
IMG_0113

 

IMG_0101

鑑賞時間はアッという間に終わってしまいましたが、貴重な物を見れた感じで大満足でした。

IMG_0116

公開時期も時間もとても短いので、なかなか鎌倉に訪れて東慶寺のイワガラミを見ることはできないかもしれませんが、もし機会があったときには行列の中、並んで見てみるのもいいと思います。

ほとんどの人が見ることができない空間なのでおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



2 Responses to “東慶寺の岩がらみ(イワガラミ)2020年の見頃・開花状況は?|鎌倉市山ノ内”

コメントを残す