長瀞ハナビシソウ園のポピー 2019の見頃・開花状況は?|花の里

長瀞 花の里ハナビシソウ園

埼玉県秩父郡長瀞町にある長瀞ハナビシソウ園「花の里」へポピーを見に行ってきました。

カリフォルニアポピーとも呼ばれるハナビシソウが里一帯をオレンジ色に染めている景色は圧巻です。

同じ時期に見頃を迎える天空のポピーに比べると知名度が低いため、まだまだ訪れる人の数は少ないですが、その景色は決して引けを取っていません。

ポピーの穴場スポットともいえる場所の景色を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況、アクセス方法や駐車場などの情報についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

長瀞ハナビシソウ園「花の里」のポピーの見頃

花の里のハナビシソウ園のポピーの見頃は、例年5月中旬から6月中旬頃です。

長瀞 花の里ハナビシソウ園 見頃

長瀞ハナビシソウ園「花の里」のポピーの開花状況

ハナビシソウ(カルフォルニアポピー)の開花状況については、一般社団法人長瀞町観光協会が運営しているホームページで確認することができます。

→長瀞ハナビシソウ園のポピーの開花状況はこちら

長瀞 花の里ハナビシソウ園 開花状況

長瀞ハナビシソウ園「花の里」へのアクセス方法(行き方)

電車(最寄り駅)

  • 長瀞駅から徒歩8分

長瀞 花の里 アクセス

駐車場

  • 駐車場は約15台(普通車のみ)

長瀞 花の里 駐車場

地図

  • 住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1164

長瀞駅から花の里までの道のり

実際に長瀞駅から花の里まで歩いて行ってきましたので、その道のりを写真と共にご紹介していきます。

長瀞駅

長瀞の駅を出たら、まずは真っすぐ歩いて行きます。

宝登山へ続く道は、美味しそうなお店がいっぱい並んでいました。

宝登山神社の第一鳥居が見えてきました。

そのまま交差点を渡って、鳥居をくぐります。

宝登山神社 第一鳥居

旧新井家住宅と刻まれた石柱のところを左に曲がります。

すぐ近くには、このような大きな看板が立っていたので、よほどよそ見をしてないかぎり、通り過ぎてしまうことはないと思います。

あとは、この道を歩いて行くだけです。

花の里ハナビシソウ園に到着しました。

花の里ハナビシソウ園

長瀞駅を11時38分に出発して、花の里の入口に到着したときの時間が11時45分だったので、駅からの所要時間は7分。

万歩計は741歩で、距離は570メートルになりました。

長瀞駅 花の里ハナビシソウ園 距離

長瀞ハナビシソウ園「花の里」の料金

ハナビシソウ園では、環境整備協力金をお願いしています。

なので、一般が200円(団体は100円)。

高校生以下は無料となっています。

花の里ハナビシソウ園 料金

私が訪れたときは、ポストカードを頂くことができました。

花の里ハナビシソウ園 ポストカード

長瀞ハナビシソウ園「花の里」の写真

ハナビシソウ園の中に入っていきます。

園内は、しっかりと散策路が整備されていたので歩きやすかったです。

長瀞 花の里 ハナビシソウ

秩父の自然と青い空、そしてオレンジのカーペットを敷き詰めたようなハナビシソウが一面に広がっていました。

長瀞 花の里 ポピー

春の風に揺れる花がとても素敵でした。

長瀞 花の里 カリフォルニアポピー

なんともいえない素晴らしい絶景なのですが、訪れる人の数が少なかったことがちょっと残念です。

ゆっくり見れたのは良かったのですが、この風景をもっと多くの人に知ってもらいたいと思えるような場所でした。

秩父 ハナビシソウ

秩父 ポピー

秩父 カリフォルニアポピー

またまだ、知名度が低いので穴場のデートスポットにおすすめかもしれません。

秩父 花の里

秩父 花の里 ハナビシソウ園

同じ時期には、天空のポピーが見頃を迎えています。

実は、天空のポピーを見に行った帰り、皆野駅でハナビシソウ園があることを知ってこちらに訪れました。

どちらも素敵な景色を堪能することができるので、ぜひ両方見に行かれてみることをおすすめします。

 

【動画】長瀞ハナビシソウ園「花の里」の景色

花の里のハナビシソウ園の景色を動画にもしてみました。

一面に広がるオレンジ色のハナビシソウの景色をぜひ動画でもご覧ください。

 

ハナビシソウのすぐあとには、紫陽花(アナベル)が見頃を迎えます。

長瀞駅でランチ

むらた

ちょうどお昼時だったので、長瀞駅でランチを食べることにしました。

長瀞駅 ランチ

お蕎麦が食べたかったので、「むらた」というお店を選びました。

長瀞 むらた

店内の雰囲気もとてもよかったです。

長瀞 そば おすすめ

私は、とろろそば(900円)を注文しました。

とっても美味しかったです。

長瀞 そば

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す