小石川後楽園の彼岸花(ヒガンバナ)2019の見頃・開花状況は?

小石川後楽園 彼岸花

東京都文京区にある都立庭園の「小石川後楽園」へ彼岸花(ヒガンバナ)を見に行ってきました。

初秋の庭園では、真っ赤に染まった曼珠沙華とも呼ばれる花を多くの場所で見ることができます。

そんな様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

小石川後楽園の彼岸花の見頃

小石川後楽園の彼岸花の見頃は、例年9月中旬頃です。

小石川後楽園 彼岸花 見頃

小石川後楽園の彼岸花の開花状況

彼岸花の開花状況については、都立庭園の情報をつぶやいてくれている「都立庭園 園長の採れたて情報」というツイッターで確認することができます。

→小石川後楽園の彼岸花の開花状況はコチラ

小石川後楽園 彼岸花 開花状況

小石川後楽園の彼岸花の写真

小石川後楽園の庭園内では、至る所で紅く染まった彼岸花を見ることができました。

小石川後楽園 ヒガンバナ

「西湖の堤」のところにも可愛く咲いていました。

小石川後楽園 曼珠沙華

文京区 彼岸花

文京区 ヒガンバナ

円月橋と菖蒲田がある周辺に多くの彼岸花を見ることができました。

文京区 曼珠沙華

場所柄、カメラを持った外国人の方も多く来られていました。

彼岸花 小石川後楽園

東京ドームと彼岸花の景色を一緒に見ることができるのは、ここだけではないでしょうか。

ヒガンバナ 小石川後楽園

曼珠沙華 小石川後楽園

 

案山子(かかし)

初秋の庭園の見どころは、彼岸花だけでなく黄金色になった稲穂もあります。

小石川後楽園 かかし

園内にある田んぼは、水戸徳川家二代藩主の光圀公が、嗣子(しし・世継ぎ)・綱条の公家出身の夫人に、農業やコメ作りの大変さを教えるために作ったといわれています。

現在では、文京区の小学生たちの学びの場として、5月には田植え体験をしているそうです。

その稲が、ちょうど彼岸花の時期に、一緒に実りの秋を迎えています。

小石川後楽園 案山子

小石川後楽園 カカシ

 

【動画】小石川後楽園の彼岸花の景色

小石川後楽園の彼岸花の景色を動画にもしてみました。

東京ドームのすぐ近くに咲く彼岸花の景色をぜひ動画でもご覧ください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す