小村井香取神社の香梅園梅まつり2018の見頃の時期は?

小村井香取神社 梅

東京都墨田区文花に鎮座する小村井香取神社へ梅を見に行ってきました。

境内の一画には、江戸時代にあった梅の名所「小村井梅屋敷梅園」が再現された「香梅園」があり、現在は東京の梅の穴場名所的な場所となっています。

85種類、120本の梅の木が咲き誇る様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

小村井香取神社の香梅園の梅の見頃

香梅園の梅の見頃は、例年2月下旬から3月上旬頃となっています。

2018年も同じ時期が予想されます。

小村井香取神社 梅 見頃

香梅園梅まつり

梅の見頃に合わせて境内では、梅まつりが開催されます。

梅まつりでは、琴や尺八の演奏、抹茶甘酒などの販売が行われています。

香梅園梅まつり

小村井香取神社へのアクセス方法や基本情報、御朱印などについては、別のページに詳しく掲載していますので、気になる方はこちらをご覧ください。

香梅園とは

香梅園

小村井村の名主である小山孫左衛門の家の梅園で、当時は「梅屋敷」とも呼ばれていたそうです。

香取神社の東側に3300坪の広さをもち、江戸時代には毎年、梅が見頃を迎えることには将軍家の御成りがあるほどで、「御成り梅」と言われた梅の木もあったそうです。

安藤広重の浮世絵にも描かれるほどで、梅の名所として有名でした。

しかし、明治四十三年(1910)の大洪水によって枯れてしまい廃園となりました。

それでも平成六年(1994)に、小村井香取神社の境内の一画に「小村井梅屋敷梅園」を再現し、85種類、120本の梅の木が植栽されています。

香梅園の梅の写真

香梅園は、けっして大きくないのですが、ところ狭しと梅が植えられているので、その華やかさに中に入ると圧倒されてしまいます。

小村井香取神社 ウメ

梅 小村井香取神社

ウメ 小村井香取神社

梅の木には、梅の種類がわかるように名札が付けられていました。

紅梅。

小村井香取神社 紅梅

小村井香取神社 白梅

小村井香取神社の鳥居横にも紅白の梅が咲いていました。

【動画】香梅園の梅の様子

香梅園の梅の様子を動画にもしてみました。

短い時間ですぐに見ることができるので、よかったらこちらもご覧ください。

すぐ近くでは、亀戸天神社の梅まつりも行われていますので、一緒に見に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す