みなみの桜と菜の花まつり 2020年の見頃と開花状況は?見どころとライトアップは?

みなみの桜と菜の花まつり

毎年2月10日から3月10日まで南伊豆町下賀茂周辺で開催される「みなみの桜と菜の花まつり」に行ってきました。

青野川沿いに約2kmに渡って続く河津桜並木と菜の花の鮮やかな景色は、早春の伊豆の人気観光名所となっています。

そんな様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や現在の開花状況、ライトアップや見どころなどの情報と共にご紹介していきます。

スポンサーリンク

みなみの桜と菜の花まつりの見頃

みなみの桜と菜の花まつりの見頃は、例年2月中旬から3月上旬頃です。

みなみの桜と菜の花まつり 見頃

みなみの桜と菜の花まつりの開花状況

現在の河津桜の開花状況については、南伊豆観光協会のホームページで確認することができます。

→みなみの桜と菜の花まつりの開花状況はコチラ

みなみの桜と菜の花まつり 開花状況

みなみの桜と菜の花まつりの見どころ

①河津桜と菜の花の景色

なんといっても一番の見どころは河津桜の景色です。

南伊豆 河津桜

河津町の河津桜と比べると訪れる人の数も少ないですし、出店の数も少ないので、落ち着いた雰囲気の中で景色を楽しむことができます。

静岡県 南伊豆 河津桜

ただ、河津町の河津桜に負けないくらい景色は素晴らしかったです。

特に九条橋、来の宮橋周辺から眺める河津桜の景色は華やかでした。

青野川 河津桜

約2kmに渡って続く河津桜並木は圧巻です。

青野川沿いには約1000本もの桜があり、「青野川千本桜」と呼ばれていて、そのうち、河津桜が咲くのは「前原橋」から「宮前橋」の両岸になります。

下賀茂 河津桜

菜の花と河津桜の景色もしっかりとカメラに収めることができました。

南伊豆 菜の花

 

夕方の河津桜

夕焼けに照らされる河津桜の景色も素晴らしかったです。

②ライトアップ

「みなみの桜と菜の花まつり」の期間中は、毎夜ライトアップが行われます。

みなみの桜と菜の花まつり ライトアップ

ライトと月に照らされた夜の河津桜は、昼間とは違った幻想的な景色を見ることができます。

南伊豆 河津桜 ライトアップ

青野川 河津桜 ライトアップ

③人力車

道の駅のところで、お花見人力車に乗ることができます。

南伊豆 河津桜 人力車

観光気分を味わうのにピッタリです。

みなみの桜と菜の花まつり 人力車

④日野の菜の花畑

河津桜並木から少しだけ離れた場所に菜の花畑があります。

休耕田を利用した約3万㎡の敷地一面に黄色い鮮やかな菜の花が咲き誇っています。

日野の菜の花畑

菜の花畑の詳しい情報については、こちらのページに詳しく載せています。

 

⑤道の駅「下賀茂温泉 湯の花」

道の駅「下賀茂温泉 湯の花」では、地元の野菜や果物、金目鯛などが販売されています。

道の駅 下賀茂温泉 湯の花

お土産を買うのにおすすめの場所です。

みなみの桜と菜の花まつり お土産

⑥イベント・出店会場

道の駅周辺では、まつりの期間中にイベント・出店会場が用意されています。

みなみの桜と菜の花まつり 出店

休憩所も用意されているので、出店で何かおいしい食事やスイーツを購入して、ここで休憩することができます。

みなみの桜と菜の花まつり イベント

⑦足湯

道の駅には、湯の花の足湯があります。

無料で楽しむことができるので、河津桜を見て回って疲れた足を癒してください。

営業時間は10時から17時です。

道の駅 湯の花 足湯

⑦ウォークラリー

青野川に掛かる橋のところにスタンプが置かれていて、ウォークラリーを楽しめます。

2ヵ所でスタンプを押すだけで、はずれなしのガラガラポンに挑戦することができます。

みなみの桜と菜の花まつり ウォークラリー

実際に「桜&菜の花ウォークラリー」と「湯道 福地蔵めぐり」した記録を別のページで詳しく載せていますので、こちらをご覧ください。

 

【動画】みなみの桜と菜の花まつりの景色

河津桜並木の景色を動画にしました。

昼間とライトアップされた両方の景色を撮影してきましたので、ぜひご覧ください。

【動画】河津桜の景色

【動画】河津桜のライトアップの景色

みなみの桜と菜の花まつりへのアクセス方法(行き方)

電車とバス

  • 伊豆急下田駅の3番バス乗り場から下賀茂行きバスに乗車し、「九条橋」バス停で下車、徒歩3分

※「九条橋」バス停は、メイン会場となっている道の駅「下賀茂温泉 湯の花」に一番近いバス停です。

駐車場(まつり期間中は有料)

  • バイク:200円
  • 乗用車:500円
  • バス(マイクロ含む):2500円

※料金は変更になっている可能性がございます。

地図

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す