根津神社の御朱印とご利益は?

根津神社

はじめに

今回は、ヤマトタケル尊が創建されたという根津神社に御朱印を頂きに行ってきました。

スポンサーリンク


根津神社の御朱印

こちらが根津神社の御朱印です。

根津神社 御朱印

根津神社の御朱印を頂ける時間

根津神社の受付時間は、9:00から17:00までとなっています。

根津神社のご利益

根津神社では、「災厄除け」、「縁結び」、「商売繁盛」、「合格祈願」などのご利益があるとされています。

主祭神の須佐之男命(すさのおのみこと)は、力強く荒魂を象徴する存在なので、「災厄除け」「厄祓い」。

相殿神に大国主命(おおくにぬしのみこと)は「縁結び」「商売繁盛」、菅原道真公は「学問」「合格祈願」のご利益があるとされています。

その中でも「縁結び」と「恋愛運」のご利益を願って訪れる人が多い理由は、境内に「願掛けカヤの木」「乙女稲荷神社」「駒込稲荷神社」といった恋愛パワースポットがあるためです。

IMG_1646

願掛けカヤの木

根津神社は、江戸城の真北を護る神社であるとともに、戦災をくぐり抜けた「強運の神社」でもあります。

その中でも、特にパワースポットといわれているのが、御社殿前にある「願掛けカヤの木」です。

神の遣いとされる白い蛇のいる場所がカヤの木であるといわれ、その木に願いごとをすると願いが叶ったという言い伝えが残されていることから、多くの人がここに願掛けをされています。

願掛けカヤの木

乙女稲荷神社

乙女稲荷神社は、女性のことを守ってくださる神様として、昔から多くの女性に崇敬されていたことから、縁結びのご利益があるといわれるようになったそうです。

御祭神の倉稲魂命は、五穀豊穣を祈った神様なので、縁結びとはあまり関係がないような気もするのですが、乙女という名もいいのかもしれません。

乙女稲荷神社

駒込稲荷神社

ご祭神に伊弉諾命と伊弉冊命が祀られていることから縁結びにご利益があるといわれています。
駒込稲荷神社

根津神社へのアクセス方法と駐車場

電車でのアクセス方法

  • 東京メトロ・千代田線の根津駅・千駄木駅より歩いて約5分
  • 東京メトロ・南北線の東大前駅より歩いて約5分
  • 都営地下鉄・三田線の白山駅より歩いて約10分

駐車場

駐車場は、北口脇に有料ですが、23台ほど停めるスペースがあります。

 

私は、南北線の東大前駅より行くことにしました。

南北線 東大前駅

東大前駅の1番出口をでたら、右に曲がります。

東大前駅 1番出口

右に曲がったら、またすぐ右に曲がります。

IMG_1598

あとは道なりに進んでいきます。

IMG_1729

公衆トイレのところを左に曲がります。

IMG_1728

西教寺

西教寺の横を通り過ぎます。

IMG_1727

 

東京大学地震研究所を通り過ぎます。

入口にはちょっと変わったモニュメント(写真右)も建てられていました。

IMG_1721

東京大学の敷地に沿って右に曲がります。

IMG_1719

真っすぐ進みます。

IMG_1717

坂を下ります。

IMG_1715

坂を下った左手に根津神社の表参道口があります。

根津神社 表参道口

根津神社の境内

根津神社の境内の中に入っていきます。

根津神社 境内

神橋を渡ります。

根津神社 神橋

根津神社の楼門

立派な楼門は、国指定重要文化財になっています。

根津神社 楼門

水戸光圀公がモデルだという随身が右側になります。

随身 水戸光圀

根津神社の茅の輪くぐり

6月30日に「大祓・茅の輪くぐり」が行われるそうです。

茅の輪の向こうには唐門、そして社殿が見えます。

根津神社 茅の輪くぐり

手水舎で清めて社殿へ入ります。

根津神社 手水舎

根津神社の狛犬です。今にも飛び掛かってきそうな迫力がありました。

IMG_1623
IMG_1620

社殿前には、国指定重要文化財になっている青銅灯篭が置かれています。

IMG_1625

根津神社の社殿

見事な社殿で圧倒されてしまいました。

根津神社 社殿

根津神社の神楽殿

楼門と唐門の間の場所に建てられている神楽殿です。

根津神社 神楽殿

根津神社の千本鳥居

根津神社の見所の一つである千本鳥居です。
根津神社 千本鳥居

中央には乙女稲荷神社があります。
根津神社 乙女稲荷神社

北から南に千本鳥居を通り抜けると邪気が祓われるそうです。

千本鳥居 根津神社

根津神社のつつじ

4月上旬から5月上旬にかけて約100種の、3000株もの色とりどりのツツジが咲きほこり根津神社の境内を華やかに彩ります。
根津神社 つつじ

東京十社の根津神社

東京十社のひとつが根津神社です。
東京十社 根津神社

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す