横浜のバラ園 2019の名所から穴場までおすすめスポット5選

横浜 バラ

バラは、横浜市の花として平成元年(1989)9月23日に市民により定められました。

海や洋館など港町として栄えてきた街には、公園や庭園が多くあり、その中で春と秋になるとバラも見頃を迎え、多くの人たちを楽しませてくれています。

そんな横浜の薔薇の名所から穴場までおすすめスポットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

横浜のバラ園の名所・おすすめ

①横浜イングリッシュガーデンのバラ

横浜イングリッシュガーデン バラ

横浜のバラの名所といえば横浜イングリッシュガーデンではないでしょうか。

庭園内は、有料になっていますが、春には約1,800品種・2,000株のバラを見ることができます。

一年を通して草花が咲き誇る美しい庭園です。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

②港の見える丘公園のバラ園(ローズガーデン)

港の見える丘公園 バラ

洋館とバラを楽しむことができるのが、港の見える丘公園のバラ園(ローズガーデン)です。

約330種・2200株のバラが植栽されています。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

③山下公園のバラ園(未来のバラ園)

山下公園 バラ

海とバラを楽しむことができるのが、山下公園のバラ園(未来のバラ園)です。

約190種・2650株のバラが、つるバラやスタンダード仕立てのバラによって、立体的で多様な景色を作りだしています。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

④アメリカ山公園のバラ

アメリカ山公園 バラ

規模は小さいですが、薔薇とともにマリンタワーをはじめとした横浜の眺望を楽しむことができます。

元町・中華街駅からも直結している全国初の立体都市公園に咲くバラ園です。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

⑤山手資料館のバラ

山手資料館 バラ

明治四十二年(1909)に建築された洋館とバラを楽しむことができる場所になっています。

約36種類・90株のバラが植栽されています。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す