幸手・権現堂堤の桜まつり 2018の見頃・開花状況は?ライトアップは?

権現堂 桜

埼玉県幸手市にある権現堂堤へ桜を見に行ってきました。

約1000本のソメイヨシノが、長さ約1kmの堤に桜のトンネルを作り、その周辺を黄色い菜の花が覆っている景色は圧巻で、全国からたくさんのお花見に訪れます。

そんな景色を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況、桜まつり、ライトアップなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

権現堂堤の桜の見頃

権現堂堤の桜の見頃は、例年3月下旬から4月上旬頃になります。

2018年も同じ時期が予想されます。

権現堂 桜 見頃

権現堂堤の桜の開花状況

桜の開花状況については、幸手市観光協会が運営しているホームページで確認することができます。

→権現堂堤の桜の開花状況はコチラ

権現堂 桜 開花状況

幸手桜まつりとライトアップ

桜の見頃に合わせて、「桜まつり」が開催されます。

幸手桜まつりでは、様々なイベントが行われたり、約100店舗の屋台が出店して花見客を楽しませてくれています。

また、幸手桜まつり期間中の日没から22:00まで、堤中央付近の桜および外野橋がライトアップされます。

幸手桜まつり

権現堂堤のお花見

権現堂堤へは、たくさんの人がお花見に行くので、幸手駅前からは、臨時のバスが出ています。

権現堂堤 桜 臨時バス

権現堂堤へのお花見に行かれる方の交通手段については、別のページで詳しく載せていますので、気になる方はこちらのページをご覧ください。

臨時バスに乗って、権現堂堤に到着するとすぐ目の前に桜と菜の花が飛び込んできました。

権現堂堤 桜

平日の朝早くに行ったのですが、三脚を持った人たちが一生懸命に桜と菜の花の景色を写真に撮っていました。

幸手 桜

年々、この景色が注目を浴びて、200万人を突破するくらいの人が訪れるそうです。

権現堂 お花見

菜の花も一面に広がり、黄色い絨毯のようになっていました。

権現堂 菜の花

桜のすぐ近くにシートを敷いてお花見をしている人がたくさんいました。

幸手 お花見

桜並木に続く階段を上がって行きます。

幸手 桜並木

階段を上がると、桜のトンネルになっていました。

幸手 桜のトンネル

たくさんの屋台が出店して、すごい賑わいでした。

外野橋を包むように菜の花が咲いていました。

幸手 外野橋

この桜は、大正九年(1920)から植栽されはじめたそうです。

はじめに植えはじめた人たちは、こんなに素晴らしい景色になると思っていたのでしょうか。

長年、地元の人たちが努力された結晶の景色なのだと思うと、胸が熱くなります。

幸手 菜の花

権現堂堤のヤギ

なぜか権現堂堤にはヤギがいます。

権現堂 ヤギ

桜と菜の花の景色を楽しんだら、ヤギを見に行かれてみてください。

癒されます。

幸手 権現堂 ヤギ

権現堂公園 ヤギ

【動画】権現堂堤の桜の景色

権現堂堤の桜の景色を動画にもしてみました。

写真では収まりきらない、桜並木と一面に広がる菜の花畑をぜひ動画でご覧ください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す