靖国神社の桜・お花見 2017の見頃・開花状況は?

靖国神社 桜

気象庁が東京の桜の開花宣言をする際の標本木があることでも有名な靖国神社へお花見に行ってきました。

約400本の桜が境内を彩っている様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

靖国神社の桜の見頃の時期

靖国神社の桜の見頃の時期は、例年3月下旬から4月上旬頃となっています。

靖国神社 桜 見頃

靖国神社の桜の開花状況

桜の開花状況については、「基準木」があるので満開になったときには、テレビのニュースなどでも大きく取り上げられるので、すぐにわかると思います。

また、千代田区観光協会が運営しているホームページ「千代田のさくらまつり」で、靖国神社ではありませんが、すぐ隣の千鳥ヶ淵の開花状況を載せているので、そちらで確認してからお出かけになることをおすすめします。

→桜の開花状況はコチラ

千代田のさくらまつり

靖国神社の桜が満開を迎える時期に合わせて、「千代田のさくらまつり」が開催されています。

2017年度は、3月28日(火)から4月9日(日)に開催され、様々イベントが催されます。

靖国神社の桜・お花見の写真

大鳥居周辺の桜

靖国神社 第一鳥居

靖国神社の第一鳥居(大鳥居)周辺にも桜が咲いていました。

桜 靖国神社

大鳥居の両脇に建つ狛犬の隣に濃いピンクの桜と薄いピンクの桜がそれぞれ咲いていました。

大鳥居をくぐって参道へ入ると黄色い観光バスが数台停まっていました。

神門周辺の桜

神門前まで来ると、神門の先に桜が咲いているのが前方に見えてきます。

靖国神社 神門

神門の間から、ピンクの桜と拝殿が見えます。

靖国神社 お花見

神門をくぐると見事な桜が咲き誇り、たくさんの人で溢れかえっていました。

靖国神社 花見

能楽堂

都内最古といわれる能楽堂では、幻想的な奉納夜桜能が行われます。

靖国神社 能楽堂

靖国神社 夜桜能

能楽堂の前には、たくさんの椅子が置かれていました。

桜の標本木

桜の標準木は、能楽堂向かって右側に立っています。

靖国神社 桜の標準木

こちらが「桜の標準木」になります。

テープが巻かれていて、ちょっと痛々しい感じがしますが、見事な桜が咲いていました。

桜の標準木

靖国会館周辺の桜

神池周辺の桜

靖国神社へ桜を見に来た人にぜひ訪れていただきたい場所が「神池」です。

境内の奥にある場所なので、訪れる人はそれほど多くないのですが、素晴らしい桜の景色を楽しめる穴場スポットになっているので、ぜひことまで足を運んでほしいです。

近くには、桜茶屋もあって休憩することもできます。

神池を囲むように桜が咲いています。

靖国神社 神池 桜

立派なしだれ桜とソメイヨシノが共演していました。

靖国神社 桜 穴場

【動画】靖国神社の桜・お花見の様子

靖国神社の桜の様子を動画にもしてみました。

写真とはまた違った映像を楽しむことができると思いますので、よかったらこちらもご覧ください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す