品川寺の御朱印と境内の様子は?アクセス方法と駐車場は?|品川区のパワースポット

品川寺

東京都品川区南品川3丁目に建つ「海照山 品川寺」に御朱印をいただきに行ってきました。

品川寺は真言宗醍醐派の寺院で、大同年間((806~810)に開創された品川で最も古いお寺です。

江戸三十三観音霊場の第31番札所、東海三十三観音霊場の21番札所、東海七福神の毘沙門天が祀られ、江戸六地蔵の第一番が安置されていることでも知られています。

このページでは、そんな歴史ある品川寺の御朱印と境内の様子、アクセス方法や駐車場などの情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

品川寺の御朱印

品川寺では、江戸三十三観音霊場第31番「普門院」の御朱印、江戸六地蔵 第1番の御朱印、東海七福神の毘沙門天の御朱印を頂くことができます。

コチラの御朱印は、「普門院」になります。

品川寺 御朱印

東海七福神の毘沙門天

東海七福神の期間は、元日から15日までとなっているので、ご注意ください。

七福神巡りの詳しい様子については、別のページに詳しく載せていますので、こちらをご覧ください。

 

品川寺の境内

品川寺に参拝するのに拝観料などはありませんでした。

旧東海道品川宿の面影を感じる場所にあります。

銅像地蔵菩薩坐像「江戸六地蔵 第一番」

入口から境内に入ってすぐ左に建っているのが、東京都指定重宝となっている銅像地蔵菩薩坐像「江戸六地蔵 第一番」です。

宝永五年(1708)、江戸深川の僧、地蔵坊正元の発願によって浄財が集められ、座高2メートル75センチの青銅の地蔵菩薩座像が鋳造されました。

品川寺 江戸六地蔵

この地蔵菩薩座像は、江戸に出入りする六つの街道の入口にそれぞれ一体ずつ安置され、「江戸六地蔵」と呼ばれ、品川寺には、その第一番、東海道の尊像として、「天下安全・仏法繁栄・衆人快楽」の祈願のもと奉安されています。

品川寺 大仏

山門

品川寺 山門

本堂

品川寺は、観世音菩薩(水月観音・聖観音)二体を御本尊とします。

品川寺 本堂

神変大菩薩(役小角)

品川寺 神変大菩薩

伽藍

品川寺 伽藍

イチョウ

境内には、樹齢600年ともいわれる大銀杏が植えられています。

こちらは品川区認定天然記念物二号となっています。

品川寺 イチョウ

鐘楼

品川寺の大梵鐘は、明暦三年(1657)に弘尊上人の発願により、徳川家三代の将軍、家康公・秀忠公・家光公の供養のために鋳造されました。

品川寺 鐘楼

江戸時代の末期から明治維新を迎える頃になると、寺は荒廃し、その大梵鐘が海外に運び出され行方不明となりました。

大正八年(1919)にスイスのジュネーブ市アリアナ美術館にあることがわかり、昭和五年(1930)に贈還されたのですが、その不思議な運命に人の思い、魂が込められています。

品川寺 梵鐘

庚申塔

品川寺 庚申塔

品川寺 道祖神

品川寺 見ざる聞かざる言わざる

金生七福神

金生(かのう)七福神は、梵鐘を囲むように七体の七福神像が置かれています。

金生七福神

福禄寿像。

金生七福神 福禄寿

寿老人像。

金生七福神 寿老人

恵比須像

金生七福神 恵比須

布袋尊像。

金生七福神 布袋尊

大黒天像。

金生七福神 大黒天

弁財天像。

金生七福神 弁財天

毘沙門天像。

金生七福神 毘沙門天

品川寺へのアクセス方法(行き方)

電車(最寄り駅)

  • 京急本線の「青物横丁駅」から徒歩約4分

品川寺 アクセス

駐車場

  • あり

地図

  • 住所:東京都品川区南品川3丁目5-17

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す