根岸森林公園へのアクセス方法と駐車場

根岸森林公園 アクセス

根岸森林公園は、慶応三年(1867)に日本ではじめて洋式競馬が行われた場所で、その跡地につくられた公園です。

約18ヘクタールの広大な敷地には、休日になると地元の家族連れの人たちでたいへんな賑わいになります。

また、一年を通して様々な花を楽しめることでも有名です。

そんな根岸森林公園へのアクセス方法と駐車場の情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

根岸森林公園へのアクセス方法と駐車場

電車とバス

  • 根岸駅から市営バス21系統のバスに乗車し、「旭台」もしくは「滝の上」バス停で下車
  • 桜木町駅から市営バス21系統のバスに乗車し、「旭台」もしくは「滝の上」バス停で下車
  • 横浜駅・東口から市営バス103系統のバスに乗車し、「滝の上」もしくは「旭台」バス停で下車

根岸森林公園 バス

徒歩

  • 根岸駅から徒歩約15分
  • 山手駅から徒歩約15分

駐車場

根岸森林公園には、200台停められる有料の駐車場が用意されています。

  • 第一駐車場:100台
  • 第二駐車場:100台
駐車料金
  • 土・日・祝:2時間まで400円、以降100円/30分
  • 平日:2時間まで300円、以降50円/20分

根岸森林公園 駐車場

地図

  • 住所:神奈川県横浜市中区根岸台

JR根岸駅から根岸森林公園までの道のり

実際にJR根岸駅から根岸森林公園まで歩いて行ってきましたので、その道のりを写真と共にご紹介していきます。

ただ、一番最初にお伝えしておきたいことは、根岸森林公園まで行く途中に坂があり、けっこう大変だったので、バスで行った方がいいですよということは、先にお伝えしておきたいと思います。

根岸駅

ちなみにJR根岸駅の改札口を出ると、目の前がバスのりばになっています。

バスで根岸森林公園へ行く場合は、2番のりばから21系統のバスに乗車することができます。

根岸駅 バス 2番のりば

今回は、駅から徒歩で根岸森林公園を目指すので、バスには乗らずに10時55分に根岸駅をスタートしました。

改札口を出たら、右前方へ歩いて行きます。

根岸駅 ロータリー

大きな通りまできたら、交差点を渡って、右に歩いて行きます。

ここは、根岸駅前交差点になります。

根岸駅前交差点

大通り沿いを進んでいきます。

不動下バス停。

不動下バス停

不動下バス停を通り過ぎたら、次を左に曲がります。

白滝不動尊前交差点を左に曲がります。

白滝不動尊前交差点

ここから坂を上がって行くことになります。

この不動坂が想像以上にきつかったです。

もう一度いいますが、バスで行った方がいいと思います。

不動坂 根岸

坂の上まで来たら、道路を渡って右に歩いて行きます。

根岸森林公園に到着しました。

根岸森林公園

JR根岸駅を10時55分にスタートして、根岸森林公園に到着したのが11時13分だったので、駅からの所要時間は18分。

万歩計は2074歩で、距離は1.61kmとなりました。

最後にもう一度いいますが、バスで行った方がいいです。

根岸駅 根岸森林公園 徒歩

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す