古河の桃まつり 2019の見頃・開花状況は?アクセス・駐車場は?

古河桃まつり

茨城県古河市鴻巣で開催される日本一の桃の里「古河の桃まつり」に行ってきました。

会場となる古河総合公園には、5品種・約1500本の花桃が植栽され、園内を美しく彩っています。

また、見頃の時期には「古河の桃まつり」が開催され、様々なイベントが行われ多くの人たちを楽しませてくれます。

そんな様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況、アクセス方法や駐車場などの情報についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

古河の桃まつりの見頃

古河の花桃の全体の見頃は、例年3月中旬から4月上旬頃です。

  • 矢口桃:3月中旬~4月上旬(桃色で全体の約8割)
  • 源平桃:4月上旬~4月中旬(紅・白の咲分けで八重咲き)
  • 菊桃:4月中旬~4月下旬(濃い紅色)
  • 寿星桃:4月初旬(赤、桃色、絞りで一重又は八重咲き、鈴なりに咲く)
  • 寒白:3月下旬(白色の八重咲き)

古河桃まつり 見頃

古河の桃まつりの開花状況

花桃の開花状況については、古河市観光協会が運営しているホームページの「古河の桃まつり」のページで確認することができます。

→古河の桃まつりの開花状況はコチラ

古河桃まつり 開花状況

古河の桃まつりへのアクセス方法(行き方)

電車とシャトルバス

古河駅から会場まで臨時のシャトルバス(有料)を運行しています。

古河桃まつり バス

レンタル自転車

古河駅の西口にある「まちなか再生市民ひろば」で、中学生以上の方でしたら無料のレンタル自転車「コガッツ」を利用することができます。

→無料のレンタル自転車「コガッツ」の詳しい情報はこちら

駐車場

  • バス:2,000円(約20台)
  • 普通車:500円(約700台)
  • 二輪車:無料

※花の開花状況により、料金徴収期間に変更が生じる場合があります。

古河桃まつり 駐車場

地図

  • 住所:茨城県古河市鴻巣399-1

古河駅から古河の桃まつりまでの道のり

私は古河駅からシャトルバスに乗って古河の桃まつりまで行ってきたので、その道のりを写真と共にお伝えしていきます。

古河駅

古河駅 改札口

改札口を出ると、右手に古河市の観光案内所がありました。

古河市観光案内所

何かわからないことがあれば、ここで聞いてみてください。

私は、パンフレットを頂きました。

古河の桃まつり パンフレット

改札を出たところに、臨時バスのりばの場所が書かれた道案内が置かれていたので、この案内に従ってバス停へ向かいます。

西口を出ます。

古河駅 西口

西口を出たら、左に歩いて行きます。

通常のバスと同じバス停に停まるようです。

バスの乗車時間は、約15分です。

古河の桃まつり 臨時バス

古河の桃まつりの入場料

古河の桃まつりの入園は無料です。(※駐車場の料金はかかります。)

古河の桃まつりの見どころ

実際に古河の桃まつりを見に行って、私自身が感じた見どころをご紹介していきます。

①花桃の景色

なんといっても約1500本の見頃を迎えた花桃の景色が一番の見どころです。

茨城 花桃

日本一の花桃の里という名の通り、美しく幻想的な景色が広がっていました。

古河 花桃

古河の花桃のはじまりは、江戸時代初期に古河藩主であった土井利勝が、江戸で家臣の子供たちに桃の種を拾い集めさせ、古河に送って農民に育てさせたのが始まりです。

この周辺では、燃料となる薪が乏しかったので、成長が早く、果実が食料となる桃が選ばれました。

古河の桃祭り

昭和五十年(1975)の古河公方公園(古河総合公園)の開園をきっかけに、再び桃林を再生しようとして造られたのが現在の桃林です。

古河 桃 祭り

少しですが、花桃の木の下に水仙が咲いていました。

古河総合公園 水仙

菜の花も少しですが、見ることができます。

古河総合公園 菜の花

②イベント

歌謡ショーやキッズダンス、バンドの演奏など様々なイベントが行われます。

古河の桃まつり イベント

③グルメ

芝生広場では、食事処が軒を連ねて迎えてくれます。

桃太巻きやジャンボステーキ、定番の焼きそばなど様々なグルメを楽しむことができます。

古河の桃まつり グルメ

④おみやげ

地酒や桃ワイン、和菓子やお茶詰め放題など古河の特選おみやげの販売も行われています。

古河の桃まつり おみやげ

⑤野点茶会

花桃に囲まれた場所に野点茶会が作られ、お茶を楽しむことができます。

古河の桃まつり 野点

⑥足利氏の史跡

鎌倉公方足利成氏は、1455年古河に移り、この場所にに館を構えました。

以降、「古河公方」と呼ばれ、五代にわたり約130年間、関東に一大勢力を誇りました。

公園内には、当時の堀と土塁の跡が残っていたり、五代目古河公方の足利義氏の墓などがあります。

足利義氏の墓

⑦富士見塚

公園を一望することができる富士見塚からの景色がとても素敵でした。

富士見塚は、公園にある池(御所沼)を掘ったときに出た残土を積み上げたものです。

古河総合公園 富士見塚

⑧古河虚空蔵菩薩堂としだれ桜

古河総合公園内に建てられている古河虚空蔵菩薩堂の近くに見事なしだれ桜が咲いていました。

古河虚空蔵菩薩堂

園内を歩いていたら、目に飛び込んできたのがこのしだれ桜です。

花桃にも負けないくらい、雄大な姿をしていたので、見どころのひとつにさせていただきました。

古河総合公園 しだれ桜

古河の桃まつり しだれ桜

⑨熱気球体験搭乗

気球をロープで結び、20~30メートルの高さまで舞い上がらせます。

土・日・祝日のみのイベントだったので、写真を撮ることができなかったのですが、きっと素敵な思い出になるイベントだと思います。

料金は、中学生以上が1000円で、子供(小学生)が500円です。

【動画】古河の桃まつりの景色

古河の桃まつりの景色を動画にもしてみました。

日本一の桃の里の景色をぜひ動画でもご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事と広告



コメントを残す