大船フラワーセンターへのアクセス方法・料金・時間は?

大船フラワーセンター アクセス

神奈川県立大船フラワーセンターへ行ってきました。

もとは、神奈川県立フラワーセンター大船植物園でしたが、その後名称が「神奈川県立大船フラワーセンター」に変わり、また、ネーミングライツ制度を導入したことで「日比谷花壇大船フラワーセンター」の愛称でリニューアルオープンしました。

そんなリニューアルした大船フラワーセンターへのアクセス方法・料金・時間などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

大船フラワーセンターへのアクセス方法

電車(最寄り駅)

  • JR東海道線・横須賀線の「大船駅」西口から歩いて約16分

大船フラワーセンター 電車

バス

  • 大船駅西口バスターミナル「1番のりば」から、神奈川中央交通バスの「渡内経由藤沢駅行」又は「公会堂前経由城廻中村行」に乗車し、「岡本」バス停で下車、そこから歩いて約3分

大船フラワーセンター バス

駐車場

  • 普通車200円/1時間(以降30分100円)
  • 大・中型車620円/1時間(以降30分300円)

地図

  • 住所:神奈川県鎌倉市岡本

大船フラワーセンターの基本情報

入園料

  • 20歳以上(学生除く)・・・400円(20名以上350円)
  • 学生・20歳未満・・・・・・200円(20名以上150円)
  • 高校生・65歳以上・・・・・150円(20名以上100円)
  • 中学生以下、身体障害者手帳をお持ちの方は入園無料

開園時間

  • 3月~10月:午前9時00分から午後17時00分
  • 11月~2月:午前9時00分から午後16時00分

休園日

  • 第2、第4月曜日(祝日の場合は開園し翌日が休園日となります。)
  • 年末年始(12月29日~1月3日)

 

※料金や時間に関しては、変更になっている場合がございますので、最新の情報を確認したい方は、公式ページをご覧ください。

大船駅から大船フラワーセンターまでの道のり

私は、実際に大船駅から大船フラワーセンターまで歩いて行ってきましたので、その道のりを写真でお伝えするとともに、万歩計で測った距離と時間についてもご紹介していきます。

まず、大船駅に着いたら西口に出ます。

大船駅

大船駅 西口

階段を下るところがあるのですが、ここでは下りないで奥の道へ進みます。

2階部分を歩いて行くことができるスペースへと出ますので、そこを歩いて行きます。

この歩道は、ペデストリアンデッキと呼ぶそうで、混雑緩和のために作られたそうです。

大船駅 ペデストリアンデッキ

ペデストリアンデッキの右手には、大船観音が見えます。

ちょうど天気もよかったので、すごくステキな写真を撮ることができました。

改めてみると、その大きさにビックリです。

大船観音

一番左奥を目指して歩いて行きます。

「バスのりば④⑤⑥、県道・駐輪場」と書かれた看板のところの階段を下ります。

階段を降りて県道へ出たら、そのまま県道沿いを歩いて行きます。

山崎跨線橋北交差点まで来たら、信号を渡って右に曲がります。

看板が立っているので、道を間違えることはないと思います。

山崎跨線橋北交差点

日比谷花壇大船フラワーセンターに到着しました。

日比谷花壇大船フラワーセンター

万歩計で測った大船駅から大船フラワーセンターの所要時間と距離

大船駅の西口を8時47分に出発して、大船フラワーセンターに到着したときの時間が9時2分だったので、駅からの所要時間は15分。

万歩計は1578歩で、距離は1.23kmとなりました。

大船駅 大船フラワーセンター 徒歩

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す