夏の千畳敷カールで高山植物を見ながら遊歩道を歩いた記録

千畳敷カール 夏

夏の千畳敷カールへ景色と高山植物を見に行ってきました。

遊歩道を一周してきたので、その道のりを写真でお伝えするとともに、お花畑の見頃の時期や夏の服装のポイントなどもご紹介していきます。

スポンサーリンク

夏のお花畑(高山植物)の見頃の時期

「天空のお花畑」と呼ばれている千畳敷カールの高山植物が見頃を迎える時期は、6月下旬頃から花が咲きはじめ、例年7月中旬から8月下旬頃が見頃といわれています。

開花状況については、「中央アルプス 駒ケ岳ロープウェイ」が運営しているホームページで確認することができます。

→高山植物の開花状況はコチラ

高原植物の種類

  • クロユリ
  • コバイケイソウ
  • コイワカガミ
  • ツガザクラ
  • ミヤマクロユリ

などの高原植物を見ることができます。

千畳敷カール 高山植物 見頃

夏の千畳敷カールでの服装のポイント

7、8月の時期でも最高気温は20℃くらいなので、服装には十分に気をつけましょう。

  • 夏は、日差しが強いため帽子を持っていきましょう。
  • 標高2931メートルの場所にあるため、夏でも上着は必須です。
  • 遊歩道には大きな岩から小さな岩まで、様々な石が転がっていて歩きにくいので、トレッキングシューズを履いて行きましょう。

千畳敷カール 夏 服装

千畳敷カールで高山植物を見ながら遊歩道を歩いた記録

実際に千畳敷カールの遊歩道を歩いてきましたので、その道のりを写真と共にお伝えしていきます。

また、万歩計もつけて歩いたので、所要時間と距離についてもご紹介していきます。

千畳敷カールまでのアクセス方法(行き方)については、別のページに詳しく載せていますので、気になる方はこちらのページをご覧ください。

 

駒ケ岳ロープウェイ

ロープウェイに乗って日本最高所駅である千畳敷駅を降ります。

千畳敷駅

千畳敷駅の建物の中には飲食店やお土産屋さんもあり、賑わっていました。

建物の中にガイドパンフレットがあり、そこに地図が載っているので、頂きましょう。

千畳敷カール パンフレット

遊歩道の所要時間

これから歩く遊歩道の地図がわかりやすくパンフレットには書かれています。

地図には遊歩道は1周45分前後で回ることができると書かれていました。

この後、万歩計をつけて実際に歩いた所要時間と距離も載せていますので、よかったら参考にしてみてください。

千畳敷カール 地図

駒ヶ岳ロープウェイ乗車記念スタンプ

パンフレットともに、駒ヶ岳ロープウェイの乗車記念スタンプが置いてあったので押させていただきました。

駒ヶ岳ロープウェイ乗車記念スタンプ

駒ケ岳神社があるほうの出口からでました。

10時20分にスタートです。

信州駒ヶ岳神社

まずは信州駒ヶ岳神社に参拝します。

信州駒ヶ岳神社

信州駒ヶ岳神社は、昭和四十三年(1968)に建立され、天照大御神と大山祇大神が御祭神として祀られています。

信州駒ヶ岳神社 御祭神

信州駒ヶ岳神社向かって右側が、遊歩道になっています。

階段を下っていきます。

千畳敷カール 遊歩道

雲が多いときに行ってしまったので、夏晴れした景色を見ることが残念ながらできませんでした。

千畳敷カール 景色

遊歩道はしっかり道になっているので、道に迷うことはありません。

千畳敷カールの高原植物

高原植物がだんだん見えてきました。

千畳敷カール 高原植物

ミヤマキンポウゲ(7月から8月中旬)。

千畳敷カール ミヤマキンポウゲ

チングルマ(7月から8月中旬)

千畳敷カール チングルマ

クルマユリ(7月下旬から8月下旬)

遊歩道の両脇にはロープが張られていて、植物ほどのため立ち入り禁止になっています。

数年に1度開花するというコバイケイソウ(7月中旬から8月中旬)。

千畳敷カール コバイケイソウ

コイワカガミ(6月下旬から8月上旬)

千畳敷カール コイワカガミ

八丁坂分岐点

八丁坂分岐点まで来ました。

八丁坂分岐点

八丁坂分岐点では、駒ヶ岳・宝剣岳方面へ向かう登山道と、遊歩道とに分かれます。

私は遊歩道を歩くので、ここを右に曲がって剣ヶ池へと向かいます。

千畳敷カール 八丁坂分岐点

八丁坂分岐点から登山道方面の景色は、写真スポットになっています。

千畳敷 八丁坂分岐点 景色

遊歩道は石が多く、けっこう歩きにくいので気をつけてください。

景色を眺めながら歩いていると、足をくじきそうになります。

剣ヶ池の広場

剣ヶ池の広場に到着しました。

千畳敷カール 広場

ちなみにここまでの10時20分に出発して、広場に到着したときには10時47分になっていたので、所要時間は24分。

万歩計は1384歩で、距離は1.07kmとなりました。

剣ヶ池

カール地形に山の湧水が流れ込んでできた池です。

本来ならここからの景色も素晴らしいのですが、残念ながら雲に覆われてしまいました。

千畳敷 剣ヶ池

剣ヶ池

剣ヶ池から千畳敷駅へ向かいます。

ここから登りになっていきます。

標高が高いので、普段だったら疲れないこの登りもかなり疲れました。

千畳敷駅へと戻ってきました。

万歩計で測った千畳敷カールの遊歩道の所要時間と距離

10時20分にスタートして戻ってきたときには、10時54分になっていました。

なので、所要時間は34分。

万歩計は1860歩で、距離は1.45kmとなりました。

けっこう景色を見ながらゆっくり歩いたのですが、目安の45分よりだいぶ早く1周してしまいました。

千畳敷カール 遊歩道 距離

千畳敷カールでのランチ

ホテル千畳敷では、レストランが併設されていて一般の人でも気軽に利用することができます。

ホテル千畳敷 レストラン

レストランの中はこんな感じです。

ホテル 千畳敷 ランチ

駒ヶ根というとソースかつ丼が有名で、ここにもメニューにあったのですが、あまりお腹が空いていなかったため、麺類のラーメンを注文してしまいました。

味は、普通に美味しかったです。

千畳敷カール ランチ

今回10時20分に千畳敷カールに到着したのですが、残念ながら雲が多く、それほど雄大な景色を眺めることができませんでした。

帰りのロープウェイに乗ったときに係りの人が、朝早く来たほうがやっぱり晴れた景色を見れる可能性が高いとのことでした。

夏期はロープウェイは8時から動いているので、早めに行かれることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す