丹沢・大野山へ登山(ハイキング)した記録

大野山

今回は、丹沢湖の南側に位置する大野山に行ってきました。

谷峨駅から山頂を目指す登山(ハイキングコース)とアクセス方法などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

丹沢・大野山へのアクセス方法

電車

電車で行く場合は、JR御殿場線の「谷峨駅」か「山北駅」から行くことになります。

今回、私は谷峨駅から行くこといしましたが、山北駅から行く場合は歩いて20分ほどで大野山入口バス停に着き、そこから参道へ入ります。バスを利用する場合は、大野山入口バス停までは5分ほどで着きます。

谷峨駅から登山するコースはこのあと詳しく載せていますので、そちらでご確認ください。

大野山 アクセス

また、JR御殿場線では「Suica」を利用できないので、精算する場合は車掌さんにお願いすることになります。

谷峨駅は、下車するとき駅員がいないので、切符も車掌さんに渡しました。

大野山 アクセス 電車

車と駐車場

車で大野山へ行く場合は、国道246号より大野山入り口まで行き、そこから鍛冶屋敷→深沢→大野山へと約20分で行くことができます。

駐車場は、頂上近くの犬クビリで停めることができますが、台数に限りがあるので気をつけてください。

麓に駐車して登山したい場合は、山北町役場に停めることができるそうです。

大野山 駐車場

丹沢・大野山の地図

大野山は、分岐点に道案内の標識が立っていることがほとんどだったので、あまり道に迷うということはないと思いますが、それでも地図は持っていかれることをおすすめします。

ネットで調べてみましたが、下記の地図が一番詳しいと思います。(※PDFがダウンロードされます。)

→大野山の地図はコチラ

大野山 地図

※初心者の方は、市販の地図を購入することをおすすめします。

丹沢・大野山登山(ハイキング)の所要時間

  • 「谷峨駅」から山頂までの所要時間は、1時間30~50分
  • 「山北駅」から山頂までの所要時間は、2時間30~50分

丹沢・大野山へ登山(ハイキング)

<今回のコース>
谷峨駅 → 大野山ハイキングコース入口 → 頼朝桜 → 大野山 → まきば館 → 深沢三差路 → 大野山入口 → 山北駅

 

谷峨駅

11時00分ちょうどに谷峨駅をスタートしました。

谷峨駅は出口がこちらのひとつしかありません。

周辺にコンビニや商店街がないので、ここの自動販売機で飲み物を購入しておくことをおすすめします。

谷峨駅

谷峨駅の改札口をでたら、ポスト脇の階段を上がって右に歩いて行きます。

img_7661

道なりに進んでいきます。

img_7662

右側に線路を渡る橋が架かっているので、ここを右に曲がります。

img_7665

大野山ハイキングコースと看板があるので、間違えることはないと思います。

谷峨駅 大野山ハイキングコース

景色が最高です!

img_7668

国道246号が前方に見えてきます。

img_7672

下ったところで、国道246号線を左に歩いて行きます。

img_7673

ちょっと戻るような感じです。

img_7675

すると下へ降りる階段が現れます。

img_7676

「大野山近道」と書かれた看板の矢印に従って下ります。

大野山近道

階段を降りたら左に曲がります。

img_7679

大野山まで1時間45分という標識が立っていました。

img_7682

田畑の中を進んでいきます。

img_7683

前方に吊橋が見えてきました。

img_7686

青い吊橋を渡ります。

それなりに揺れるので、高所恐怖症の人にとっては、ちょっと怖いと思います。

谷峨駅 吊橋

吊橋下の川の名前は、酒匂川というそうです。

酒匂川

吊橋を渡りきったら、左に曲がります。

img_7692

img_7693

道が二手に分かれているところまで来たら、右の坂道を歩いて行きます。

img_7695

それほど急な坂道ではないですが、じわじわと汗が出始めてきました。

img_7698

坂をくねくね歩いていると、前方に民家が見えてきます。

img_7704

民家があるところまできたら、前方に大野山ハイキングコースの看板が見えます。

img_7705

大野山ハイキングコース入口

大野山ハイキングコースの入口に到着しました。

思った以上に細い道なので、見落とさないように気をつけてください。

大野山ハイキングコース入口

大野山ハイキングコース入口に到着したときには、11時25分になっていました。

なので、谷峨駅からここまでの所要時間は25分でした。

img_7712

キレイ咲いた花を見ながら進んでいきます。

img_7708

はじめは人の家の庭を歩いているような雰囲気です。

img_7715

だんだん登山ぽくなってきます。

img_7716

大野山まで残り55分のところまできました。

img_7720

都夫良野の頼朝桜

源頼朝が刺した杖が根付いたといわれる「都夫良野の頼朝桜」です。

春の桜の時期に来てみたかったですが、木は存在感がありました。

都夫良野の頼朝桜

小屋が見えてきました。

img_7726

小屋はトイレでした。

img_7727

トイレを済ませて時間を見てみると11時42分になっていました。

なので、ここまでの所要時間は42分。

万歩計は3678歩で、距離は2.64kmとなっていました。

img_7728

真っすぐの道を上がっていきます。

img_7730

木々が深くなってきました。

img_7737

また道路に出てきました。

img_7738

大野山まで残り40分です。

img_7739

山頂まで残り40分のところに東屋が建っていました。

img_7740

東屋の前に「柚子ジャム」、「梅ジャム」300円などと書かれた発泡スチロールが置かれていました。

img_7741

中を拝見すると確かに色々なものが入っていました。

購入してもいいかなとも思ったのですが、今回は何も買わずにふたを閉めてそのまま通り過ぎました。

大野山 東屋

東屋に着いたときの時間は、11時58分。

万歩計は4829歩で、距離は3.47kmとなっていました。

img_7744

東屋を通り過ぎて山頂を目指します。

img_7745

ちょっと歩くと柵が建てられて行き止まりになっていました。

img_7748

獣害を防ぐための柵でした。

扉は簡単に開けられるので、開けて中に入っていきます。

ただ獣害がいるのかと思うと、ちょっと怖かったです。

img_7746

柵の中に入ると一気に景色が開けました。

img_7750

景色が素晴らしいです。

img_7762

夏だと日差しがもろに当たるので、大変かもしれませんが秋頃だと風もあり気持ちよかったです。

img_7765

また、柵が建っていました。

ここも扉を開けて先へ進みます。

img_7776

どんどん上へ登っていきます。

img_7779

大野山のススキ

大野山 ススキ

この周辺はススキ草原になっていて、景色がとても素晴らしかったです。

写真と動画を別ページでまとめてみましたので、よかったらこちらのページも見てみてください。

 

木彫りのウサギが現れ、スカイツリーと同じ高さの634mと書かれていました。

img_7809

スカイツリーと同じ高さから見た景色です。

雄大な景色に囲まれ、日頃のストレスなんて一気に吹き飛んでしまうと思います

img_7810

山頂が近づいている雰囲気が出てきました。

img_7815

それでも山頂まで残り15分。

img_7816

ここにも東屋がありました。

休憩できるポイントが多くて助かります。

img_7819

先を進みます。

img_7825

何かの観測基地でしょうか?

img_7826

アスファルトの道が現れました。

img_7827

ここを真っすぐ進めば山頂に到着です。

img_7829

大野山の山頂

山頂に到着しました!

大野山 山頂

大野山の山頂に到着したときの時間は、12時38分でした。

なので所要時間は1時間38分。

万歩計は7255歩で、距離は5.22kmとなりました。

大野山 山頂 所要時間

大野山の山頂は、関東の富士見100景に選ばれていて、本来ならここから富士山が見えるはずなのですが、今日は雲が多くて見ることができませんでした。

残念です。

img_7865

山頂には祠も建てられていました。

大野山 山頂 祠

【動画】大野山の山頂からの景色

山頂からの景色を360度回って動画にしてみましたので、よかったら見てみてください。

山頂で色々景色をみたり、どこから下りようかウロチョロしていたら、下山するときには13時08分になっていました。

万歩計も9422歩で、距離は6.78km。

ここから「山北駅」へ歩いて下山しようと思います。

img_7867

山北駅方面へと歩いて行きます。

真っすぐ道を進み下っていきます。

img_7848

はじめの分かれ道は、そのまま直進です。

img_7849

車が通れないようガードがされていますが、そのまま通り過ぎます。

駐車場はこの隣にあり、車でここまで来ることができます。

img_7857

十字路まで来たら、右に曲がります。

img_7858

あとはずっとコンクリートの舗装路が麓まで続くので歩きやすいですが、たまに通る車には気をつけてください。

img_7870

牛舎が見えてきました。

img_7874

牧場ゲートは4月から10月が18時に閉鎖。

11月から3月は17時に閉鎖のようです。

img_7876

まきば館

「まきば館」には、牛舎や酪農に関するパネル展示があるそうです。

平日で時期も関係したのが、誰もいませんでした。

まきば館

お馬さんがいました。

まきば館 大野山

img_7888

img_7884

山北駅まで残り1時間15分のところまで来ました。

「手打ちそばとお茶処 ふか沢」の看板がとても気になったのですが、今回はスルーしました。

手打ちそばとお茶処 ふか沢

時間を見てみると13時44分になっていました。

なのでここまでの所要時間は、2時間44分。

万歩計は13415歩で、距離9.65kmとなりました。

img_7893

実りはじめたばかりの柿の木がありました。

img_7897

茶畑の横を通っていきます。

img_7898

共和福祉バス待合所まで来ました。

ここで右に行きます。

共和福祉バス待合所

どんどん歩いて行きます。

img_7903

お地蔵様がいらっしゃいました。

img_7913

延命水と書かれた場所まできました。

延命水 大野山

湧水が竹のといから流れるようになっていたので、延命水を一口いただきました。

なんだか長生きのご利益がありそうです。

大野山 延命水

分かれ道にでてきました。

このまま真っすぐに進みます。

img_7923

山北駅までは、3.3kmです。

正直、足が疲れてきました。

img_7924

思った以上に下っていきます。

img_7926

日本で1番山の中のボクシングジムがありました。

日本で1番山の中のボクシングジム

img_7928

大野山登山口バス停に到着しました。

大野山登山口バス停

時計を見ると14時24分になっていたので、ここまでの所要時間は3時間24分。

万歩計は17215歩で、距離は12.39kmとなりました。

img_7937

それでも山北駅までは40分あります。

バスを待とうかとも思ったのですが、時刻表を見ると土日のみ9時20分と10時20分の2本しかこないようです。

img_7938

バスに乗るのをあきらめて、東名高速道路の下を通って道なりに歩いて行きます。

img_7941

ここからも同じような道が続いてきつかったです。

img_7943

img_7944

正直足もパンパンで、どこかで休みたいと思っていたときに、カフェ・リーフスの看板が現れました。

img_7948

カフェ・リーフス

迷わずカフェ・リーフスに入りました。

カフェ・リーフス

紅茶(500円)と自家製パンピザトースト(400円)を頼みました。

とっても美味しかったです。

カフェ・リーフス 自家製パンピザトースト

カフェ・リーフスに到着したときの時間が14時44分。

なので、所要時間は3時間44分。

万歩計は18728歩で、13.48kmとなりました。

img_7950

お腹も満たされ、休憩もできて元気になったので、いよいよ山北駅へ向かった歩いて行きます。

大野山入口バス停がある国道246号のところまで来ました。

ここで左に曲がります。

大野山入口バス停

トンネルの中を歩いて行きます。

img_7955

樋口橋の交差点まで来ました。

ここを左に歩いて行きます。

ちなみにここで右に行くと洒水の滝に向かうことになります。

樋口橋交差点

img_7958

山北橋側道橋を渡ります。

この下に線路が走っています。

山北橋側道橋

橋を渡ったら、右に曲がり線路沿いを歩いて行きます。

img_7961

線路沿いを歩いて、行き止まりを左に曲ると駅前商店街にでてきます。

あとは商店街を歩いて行くだけです。

img_7964

やっと山北駅が見えました。

img_7965

山北駅に到着しました。

山北駅

谷峨駅から大野山へ登山(ハイキング)して山北駅までの所要時間と距離

谷峨駅を11時00分ちょうどに出発して、大野山登山をして山北駅へ来たときには15時26分になっていました。

なので、所要時間は4時間26分。

万歩計は20659歩で、距離14.87kmとなりました。

img_7966

大野山の登山は、勾配がきついところもそれほどなく、山道は踏み固められていて歩きやすかったのですが、距離が長かったので、最後は足がパンパンでけっこうきつかったです。

それでも丹沢の山並みを一望できる景色と、山の上に広がるススキの景色は、他ではなかなか味わうことができないものでした。

山北駅からは、日本の滝百選にも選ばれている「洒水の滝」があるので、ぜひそちらにも足を運ばれてみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

2 Responses to “丹沢・大野山へ登山(ハイキング)した記録”

  1. これから登ろうと思っていますが、距離を書いてくださっているので
    大変参考になります。駅から登山の場合、登山口がなかなか見つからない
    時があるので詳しい説明が参考になります。今回は時間と体力を考えて
    谷峨駅往復にしたいと思います。ありがとうございます。

    • ブログを読んで下さりありがとうございます。
      私の歩いた記録が少しでもお役に立てて、とてもうれしいです。

      谷峨駅からの方が自然の道を歩けるのでおすすめです。

      暑くなってきたので、熱中症などには気をつけてお登り下さい。

      ありがとうございました。

コメントを残す