鎌倉・浄光明寺の彼岸花(ヒガンバナ)の見頃は?

浄光明寺 彼岸花 見頃

鎌倉の彼岸花(ヒガンバナ)の名所といえば英勝寺を思い浮かべる人が多いと思いますが、近くの浄光明寺の境内にも数は少ないですが、見事な彼岸花(ヒガンバナ)が境内で花を咲かせています。

スポンサーリンク

鎌倉・浄光明寺の彼岸花(ヒガンバナ)の見頃

浄光明寺の彼岸花(ヒガンバナ)の見頃は、毎年9月下旬から10月上旬頃までです。

浄光明寺 彼岸花

鎌倉・浄光明寺の彼岸花(ヒガンバナ)を写真で紹介

浄光明寺では、数はそれほど多くなかったのですが、境内のいたるところで彼岸花(ヒガンバナ)を見ることができました。

浄光明寺 ヒガンバナ

まずは境内に入って右手にある鐘楼周辺。

浄光明寺 曼珠沙華

仏殿へ向かう階段周辺。

浄光明寺 鎌倉 彼岸花

仏殿奥の網引地蔵へ向かう階段のところのにも咲いていました。

浄光明寺 鎌倉 ヒガンバナ

最後に網引地蔵周辺にも咲いていました。

浄光明寺 鎌倉 曼珠沙華

img_5997

網引地蔵様にご挨拶してあとにしました。

網引地蔵

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す