埼玉・巾着田の曼珠沙華 2017の見頃は?アクセス方法は?

巾着田 曼珠沙華

今回は、埼玉県日高市で開催されている「巾着田曼珠沙華まつり」に行ってきました。

写真でご紹介するだけでなく開花・見頃時期やアクセス方法、駐車場や混雑状況などについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

巾着田曼珠沙華の開花状況・見頃

<開花状況>
行く前にまず調べておくべき開花状況ですが、日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページで確認することができます。

せっかく行ったのにまだ花が咲いていなかったなんてことがないよう、行く前にこちらをチェックしましょう。

→巾着田曼珠沙華の開花状況はコチラ

<見頃>
巾着田曼珠沙華の見頃は、例年9月20日頃から10月5日くらいになります。

気温や降水量の変化によって、早まったり、遅くなったりしますので事前確認はしっかりと行いましょう。

また、上流エリアと下流エリアによっても多少見頃時期が変わります。

巾着田 曼珠沙華 見頃

巾着田へのアクセス方法(行き方)

<電車>

  • 西武池袋線の「高麗駅」から歩いて約15分
  • JR川越線の「八高線高麗川駅」から歩いて約40分

巾着田 アクセス

「高麗駅」の改札口をでると「花さんぽステーション」があり、ここで地図が載っている「巾着田ガイドマップ」をもらうことができます。

ただ、地図が無くても、たくさんの人が歩いているので、その人たちの後ろをついて行けば、迷うことなく曼珠沙華が咲いている所まで行けると思います。
花さんぽステーション

「巾着田ガイドマップ」は、無料です。

曼珠沙華の散策マップだけでなく、町全体の観光マップや四季に咲く花の情報などが書かれているので、1冊もらっておくと、とっても便利だと思います。

巾着田ガイドマップ

巾着田の駐車場

有料の駐車場があります。(第1駐車場は、24時間利用することができます。)

ただ、停められる台数に限りがありますし「巾着田曼珠沙華まつり」の時期は大変混雑するので、電車もしくはバスで来られた方がいいかもしれません。

<料金>

  • 二輪車が100円
  • 普通車が500円
  • 大型・中型バスが3000円

巾着田 駐車場

地図(マップ)

巾着田曼珠沙華の混雑状況

巾着田の曼珠沙華が見頃を迎える期間には、約30万人の人が訪れるといわれています。

私が行ったときは、平日だったにもかかわらず、高麗駅の改札口は写真のような状況でした。

休日ともなると、たいへんな賑わいになるので、お子さんがいる方は、迷子にならないように注意したほうがいいと思います。

巾着田 曼珠沙華 混雑

巾着田曼珠沙華の料金と時間

曼珠沙華が見頃を迎えた時期から、「巾着田曼珠沙華公園」に入場するために料金が必要になります。

入場料は、300円で、20名以上の団体だと240円になります。(中学生以下は無料です。)

1回外に出ても券があれば、その日であれば何度も入ることは可能です。

巾着田 曼珠沙華 料金

時間は、午前7時から午後17時までとなっています。

巾着田 曼珠沙華 入場料

巾着田曼珠沙華を写真で紹介

巾着田曼珠沙華公園の中に入っていきます。

散策できる道がしっかりと整備されているので、とても歩きやすいです。

巾着田 曼珠沙華公園

赤いじゅうたんが敷き詰められたような景色でビックリしました。

入園した途端、想像した以上の景色が現れて驚きました。

巾着田曼珠沙華

約500万本の曼珠沙華が咲きわたるそうです。

巾着田 彼岸花

高さは、30cmから50cmくらいでしょうか。

巾着田 ヒガンバナ

ほとんど赤い曼珠沙華ですが、1つだけ白い花を咲かせていたので、とても印象的でした。

曼珠沙華 巾着田

白い花を見つけるとちょっとうれしくなります。

彼岸花 巾着田

私自身が想像していたのより、5倍は広範囲に渡って花が咲いていた印象です。

ヒガンバナ 巾着田

下流エリアに行くと「あいあい橋」が建っています。

あいあい橋

「あいあい橋」の上から眺める景色も雄大ですので、上にあがって見てみてください

巾着田 曼珠沙華 景色

巾着田 曼珠沙華 風景

img_6846

img_6854
巾着田 曼珠沙華 写真

【動画】巾着田曼珠沙華

巾着田曼珠沙華の景色を動画にしてみましたので、よかったら見てみてください。

巾着田曼珠沙華まつり

会場では、地元の特産品や美味しそうな食事が販売されています。

巾着田 曼珠沙華まつり

私は、とり屋の唐揚げを食べることにしました。

img_6800

唐揚げ丼を注文したのですが、売切れだったので唐揚げのみになっちゃいました。

ちなみに料金は500円です。

img_6802

美味しかったです。

img_6804

他にもステージが用意されていて、猿回しなどのイベントが行われていました。

曼珠沙華まつり

高麗駅からよく見かける「天下大将軍・地下女将軍」の木彫り像。

韓国の民間信仰の一形態で、村の不祥事を防ぐ守護神のようです。

天下大将軍 地下女将軍

約500万本の曼珠沙華は想像以上に広い範囲に咲いていたので驚きましたし、たくさんの人が訪れる理由もわかりました。

一度は訪れたい場所だと思います。

駅から公園までの道にも、いろいろな出店がでていたりと、街全体で盛り上げている印象で歩いていても楽しかったです。

img_6901

 

いっしょに訪れたい日高市の観光スポットはコチラ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す