鶴岡八幡宮のハス(蓮)の見頃は?

鶴岡八幡宮 ハス

夏の青空の下、鶴岡八幡宮の池に浮かぶハス(蓮)の景色は、いまでは古都鎌倉の風物詩になっています。

以前は、源平の旗色にちなんで、源氏池にはシロハス(白蓮)が、平家池にはベニハス(紅蓮)が植えられていましたが、現在では紅白が混じり合って見事な花を咲かせています。

スポンサーリンク

鶴岡八幡宮のハス(蓮)の見頃

鶴岡八幡宮のハス(蓮)の見頃は、例年7月中旬から8月上旬にかけてです。

ハス(蓮)が植えられている池の面積は、約12,000㎡(源氏池8,000㎡、平家池4,000㎡)となっています。

鶴岡八幡宮 ハス 見頃

鶴岡八幡宮のハス(蓮)の開花状況

鶴岡八幡宮のハス(蓮)の開花状況は、「観光かながわNOW」のホームページから確認することができます。

→詳しくはコチラ

鶴岡八幡宮 ハス 開花状況

鶴岡八幡宮 ベニハス

鶴岡八幡宮 シロハス

鶴岡八幡宮 白蓮

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す