ひまわり畑の名所2017(関東・東京近郊)5選

IMG_4024

夏休みのお出かけスポットとしておすすめなのがひまわり畑です。

関東(東京)近郊にもたくさんの名所があるので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


関東・東京近郊のひまわり畑

ひまわり畑 – こうちゃんちの野菜 in 世田谷

世田谷 ひまわり畑

世田谷という立地の中、閑静な住宅街に約20,000本のひまわりが咲きほこります。

カワイイ顔をした「にこちゃんひまわり」が畑の中に何本か隠されているので、宝さがしのような感覚でも楽しむことができます。

見頃は例年7月下旬から8月上旬にかけてです。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140


 

座間市ひまわり畑

昭和四十四年(1969)に座間市の市花に制定されたのが、ヒマワリです。

平成五年(1993)から農協青壮年部が主導して荒廃地、遊休農地対策の一環として、ひまわりの景観植栽を取組みはじめ、「ひまわり広場」として公開したことが始まりです。

現在は、「栗原会場」と「座間会場」でひまわり畑を楽しむことができ、見頃の時期に「ひまわりまつり」も開催されます。

栗原会場

座間市 ひまわり畑 栗原会場

栗原会場は、約10万本のひまわり畑になっています。

座間会場より開花時期が早くなっています。

2017年度の「ひまわりまつり」は、7月21日(金)~26日(水)までとなっています。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140


 

座間会場

IMG_4032

座間会場は、約45万本のひまわり畑になっていて、その景色は圧巻です。

会場には、展望台も用意されているので、景色を十分楽しむことができます。

また、「ひまわりまつり」も規模が大きく屋台やお土産販売だけでなく「鮎のつかみどり」といったユニークなイベントも開催しています。

2017年度の座間会場の「ひまわりまつり」は、8月10日(木)~15日(火)までとなっています。

お盆休みと重なり、すごい人だかりとなるので、子供連れの方は迷子にならないように気をつけてください。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140


 

ひまわりガーデン武蔵村山

ひまわりガーデン武蔵村山

「ひまわりガーデン武蔵村山」のひまわり畑には約50万本が花を咲かせます。

また、景色を楽しむだけでなく、ひまわり迷路やゴーヤの緑のトンネルなどもあるので、他にはないおもしろさがあります。

開園期間が毎年7月中旬から8月上旬ということで、他のひまわり畑より早いのも特徴です。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140


 

国営昭和記念公園のひまわり畑

国営昭和記念公園 ひまわり

国営昭和記念公園のひまわり畑には、約50,000本が花を咲かせます。

ひまわりを見やすくするために、緩やかな傾斜をつけてくれているので、より美しい景色を楽しむことができます。

例年の見頃は、8月中旬から下旬にかけてです。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140


 

清瀬ひまわりフェスティバル

清瀬ひまわりフェスティバル

平成二十年(2008)からはじまったのが清瀬ひまわりフェスティバルです。

24,000平方メートルの広い農地に約10万本のひまわりが太陽に向かって花を咲かせています。

フェスティバルが行われている期間は、毎年8月中旬~9月初旬で、他のひまわり畑に比べると少し遅い時期になっています。

<詳しくはコチラ>
2016-04-26_2140


 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す