座間市ひまわり畑(座間会場)2017の見頃や開花状況は?

座間 ひまわり 座間会場

座間市ひまわり畑(座間会場)を見に行ってきました。

座間会場では、約45万本のひまわりが一面に咲き誇るとともに、「ひまわりまつり」が開催されていてとても賑やかでした。

そんな様子を写真と動画でお伝えするとともに、見頃の時期や開花状況についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク


座間市ひまわり畑(座間会場)の見頃・開花状況は

IMG_4057

座間市ひまわり畑(座間会場)の見頃は、「ひまわりまつり」が開催される時期の前後になります。

2017年度の座間会場の「ひまわりまつり」は、8月10日(木)から15日(火)までとなっています。

また、詳しい開花状況は座間市観光協会の公式ホームページから確認することができます。

→座間市ひまわり畑(座間会場)の開花状況はコチラ

お祭りの期間外でもひまわり畑を見ることは可能です。
 
栗原会場については、こちらに詳しく記載しています。

座間市ひまわり畑(座間会場)のアクセス方法

電車とバスもしくは徒歩

小田急線「相武台前駅」より

  • 9時から15時30分までの間、約20分おきにシャトルバスが運行します。

小田急線「座間駅」より

  • バス座間四ツ谷行き「神社前」を下車して歩いて約10分

相模線「相武台下駅」より

  • 「相武台下駅」より歩いて15分から20分

地図

 

シャトルバスの運賃(値段)

相武台前駅からひまわり畑までのシャトルバスの運賃(値段)は、200円でした。

駐車場

有料の臨時駐車場スペースが用意されていますが、停めることができる台数に限りがあるので、ご注意ください。

 

私は、小田急線「相武台前駅」からシャトルバスで行くことにしました。

改札口を出て北口にあるバスロータリーを目指します。

相武台前駅 北口

バスロータリーに着くとすでに長蛇の列ができていました。

相武台前駅 バス

並んでいる途中に運賃の200円を支払うとパンフレットを頂けました。

座間 ひまわり パンフレット

10時36分に並んで、シャトルバスに乗ったときには11時4分になっていました。

並んでから2本目のシャトルバスで、待ち時間28分。

けっこうな待ちました。

座間 ひまわり シャトルバス

バスに乗ってから座間会場に行くまでも、道が混雑して到着するまでに25分から30分くらいかかりました。

交通機関を使っていくなら正直、「相武台下駅」から徒歩で行った方が時間が計算で来ていいかもしれません。

次、私が行くならそうします。

IMG_3944

座間市ひまわり畑(座間会場)の写真で紹介

シャトルバスで座間会場に到着してから、ひまわり畑が咲いているところまでは、少し歩きます。

IMG_3945

一面、畑になっている道を進んでいきます。

IMG_3947

前方に黄色いひまわり畑が見えてきました。

IMG_3951

ひまわり畑に到着しました。

IMG_3953

IMG_4034

IMG_4071

IMG_4024

蜜蜂もうれしそうに蜜を集めていました。

IMG_3978

IMG_3988

IMG_3972

座間 ひまわり 座間会場

IMG_4033

展望台

ひまわり畑には、数カ所展望台が設置されていて、そこに登って景色を楽しむことができます。

ただ、写真を見てもわかると思いますが、展望台に上るのにも長い列でした。

座間 ひまわり 展望台

展望台から見えるひまわり畑の景色は、また違った感動があり、長い間待って上った甲斐がありました。

座間 ひまわり畑 展望台

ひまわりまつり

「ひまわりまつり」の期間中は、たくさんの出店がでていて、すごい賑わいです。

地元の名産品やお土産も販売していました。

座間 ひまわりまつり

座間の地下水で育った鮎のつかみどりなんかもやっていました。

鮎のつかみどり

美味しそうな屋台が目白押しです。

座間 ひまわり祭り
ひまわり祭り 座間会場

ひまわりを見るだけでなく刈って家に持って帰ることもできます。

3本200円。

IMG_4017

ひまわりの種も1袋100円で販売していました。

ひまわりの種

観光地によくある「顔はめパネル」も置いてありました。

座間 ひまわり畑 顔はめパネル

【動画】座間市ひまわり畑(座間会場)の景色

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す