小石川後楽園の花菖蒲(ハナショウブ)2017の見頃・開花状況は?

小石川後楽園 花菖蒲

はじめに

小石川後楽園の花菖蒲(ハナショウブ)を見に行ってきました。

桜や梅で有名な小石川後楽園ですが、6月の時期は花菖蒲(ハナショウブ)が見頃を迎えます。

緑の庭園の中に、660株の花菖蒲が一面に咲き、背後には東京ドームとビル群が見える景色は圧巻でした。

スポンサーリンク


小石川後楽園の花菖蒲(ハナショウブ)の見頃・開花状況

小石川後楽園 花菖蒲 見頃

例年、6月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。

2017年も同じ時期が予想されます。

また、お出かけになる前には、小石川後楽園のホームページで開花状況を確認することができるので、そこで確認してから出かけられることをおすすめします。

→小石川後楽園のホームページはこちら

小石川後楽園の入園時間と入園料

小石川後楽園の入園時間

小石川後楽園の入園時間は午前9時から午後17時までで、入園は午後16時30分までとなっています。

小石川後楽園 時間

小石川後楽園の入口に到着すると「花菖蒲を楽しむ」という看板が立てられていました。

中に入るとすぐ近くに入園チケットを購入する場所があります。

小石川後楽園 入園時間

小石川後楽園の入園料

小石川後楽園の入園料は、一般が300円で、65歳以上の方が150円です。

また、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料となっています。

他にも年間パスポートなどの販売もあるので、詳しく知りたい方は小石川後楽園のホームページをご確認ください。

小石川後楽園 入園料

小石川後楽園の花菖蒲(ハナショウブ)の景色

いよいよ庭園の中に入っていきます。

IMG_9529

中に入ると、木々と芝生の緑、空の青空、オフィスビルと東京ドームが迎えてくれました。

IMG_9531

「花菖蒲はこちら」という看板に沿って歩いて行きます。

IMG_9534

花菖蒲がある場所は入口からけっこう歩きました。

IMG_9535.xnbak

到着するとすでにたくさんの人たちが来ていました。

IMG_9537

一面に咲いた色とりどりの花菖蒲にビックリです。

小石川後楽園 ハナショウブ

この景色最高です。

ハナショウブ小石川後楽園

一面に花菖蒲とはこのことです。

花菖蒲 小石川後楽園
小石川後楽園ハナショウブ

都会の中に残された自然の中に、こんな景色があると癒されます。

ハナショウブ 小石川後楽園

IMG_9563
IMG_9571
IMG_9548

花菖蒲と一言でいっても、花の色や形の違いで5千もの種類があるそうです。

IMG_9561
IMG_9552

 

IMG_9558
IMG_9559

IMG_9596

花菖蒲(ハナショウブ)以外の植物

花菖蒲(ハナショウブ)以外にもたくさんの植物が咲いていて、とてもキレイでした。

内庭に咲いていたスイレンが、花菖蒲(ハナショウブ)以外の花の中では一番印象に残っています。

キンシバイ
スイレン
IMG_9644

6月はあじさいの季節ですが、小石川後楽園ではところどころにガクアジサイなども咲いていましたが、数はそれほど多くはありませんでした。

IMG_9665
ガクアジサイ
IMG_9671

ヤマボウシは、庭園の中の色々なところで咲いていました。

ザクロは少し花が落ちてしまっているようでした。

IMG_9648
ヤマボウシ
ザクロ

オカトラノオが小さな花をたくさん咲かせていて可愛かったです。

オカトラノオ
IMG_9715

 

後楽園駅周辺のランチ

帰りは、後楽園駅周辺でランチをしようとお店を探しました。

駅からすぐ近くにラクーアがあるので、そこで食べてもよかったのですが、今回は牛タンがすごく食べたかったので、ラクーアには行かずに後楽園駅から徒歩2~3分で行ける牛タン屋さんの一心にいきました。
後楽園 ランチ

後楽園駅のすぐ近く牛タン屋さん一心でランチ

テレビなどでも紹介された有名なお店です。

後楽園 牛タン

牛タンやき定食のとろろ付き(1500円)を注文しました。

チェーン店の牛タン屋さんと違って、とっても美味しかったのでおすすめです。

後楽園 牛タン 一心 ランチ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す