三島スカイウォークの口コミ<三島駅からバスで行った記録>

三島スカイウォーク 口コミ

JR三島駅からバスに乗って、三島スカイウォークへ行ってきました。

三島スカイウォークは、三島駅からバスで約26分の場所にあり、1時間に1本のペースで出ています。

スポンサーリンク


三島駅のバス乗り場

三島駅

三島駅の南口の改札を出ると目の前にバス乗り場があります。

そこの5番乗り場「沼津登山東海バス」で次の行き先のバスに乗ります。

  • (フルーツパーク・三島大吊橋)山中行
  • (フルーツパーク・三島大吊橋)元箱根港行

三島駅バス停5番

三島スカイウォークまでのバス料金

そのままバスに乗って三島駅から三島大吊橋駅まで行くと料金が560円かかるのですが、5番乗り場のすぐ近くにある東海バスの切符売り場で、「みしまるきっぷ」を購入すると、往復900円で行くことができます。

さらに「みしまるきっぷ」は、指定区間内の路線バスが乗り放題になるので、他の観光スポットにも行けるのでとてもお得です。

→バスの時刻表と「みしまるきっぷ」についてはコチラ

三島駅 東海バス 切符売り場

「みしまるきっぷ」を購入しよう

「みしまるきっぷ」を購入しました。

みしまるきっぷ

オレンジの東海バスに乗ります。

バスは三嶋大社前を通るのですが、今回行ったときは桜の季節で三嶋大社前がすごく渋滞していて、三島大吊橋まで26分では行けませんでした。

なので、旅行の予定を分刻みで計画しているような方でしたら、三嶋大社で何か催し物などをしているときは、渋滞するということを頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。

東海バス

三島スカイウォークまでのタクシー料金

ちなみに三島駅からタクシーで行く場合は、料金は4000円くらいかかるそうです。

三島スカイウォークとは

三島スカイウォークは、2015年12月14日に開業した日本最長の歩行者専用の吊橋で、その長さは400mにもなります。

一番の見所は、世界遺産に登録された富士山を一望することができるところで、季節や時間帯で変化する姿を楽しむことができます。

橋は大人が2100人乗っても大丈夫な設計になっているそうなので、安心です。

IMG_8443

地図

  • 地図:静岡県三島市笹原新田313
  • 三島スカイウォークの駐車場

    駐車場は、普通車用の駐車スペースが400台分あり、いまのところ無料だそうです。

    三島スカイウォークを歩いてみた

    それではいよいよ橋まで歩いていきたいと思います。

    三島大吊橋のバス停を下りて左に歩いていくと入場券売り場があります。

    IMG_8444

    三島スカイウォークの入場料金

    三島スカイウォーク 料金

    チケットを購入しました。

    橋を渡って戻るときに、またチケットを見せないといけないので、無くさないように注意しましょう。

    IMG_8446

    チケットを購入してから、橋まではちょっと歩きます。

    IMG_8447

    三島スカイウォークへ到着しました。

    IMG_8487

    いよいよ橋を渡ります。

    IMG_8484

    思ったよりも、橋の手すり部分が低かったので、ちょっと怖かったです。

    IMG_8449

    左前方に富士山が見えます。

    IMG_8480

    素晴らしい景色でした。

    IMG_8455

    沼津の街と駿河湾も一望できます。

    IMG_8454

    下を見ると隙間が開いているので、こちらもけっこう怖かったです。

    これは隙間を設けて風が通れるようにすることで、揺れを防いでいるそうです。

    IMG_8476

    それなりに揺れますし、400mもあるので、反対側へ行くのにもかなりの時間がかかりました。

     

    IMG_8456

    IMG_8458

    反対側へ来ました。

    IMG_8462

    IMG_8460

    展望デッキからの景色

    展望デッキがあり、そこからの景色も楽しめます。

     

    IMG_8467

    それでは戻ります。

    IMG_8470

     

    IMG_8477

    IMG_8499

    展望デッキからの景色です。

    IMG_8496

    写真を撮り忘れましたが、カフェや休憩所もしっかりと設置されていますし、三島大吊橋のバス停を降りてすぐ目の前にある屋外エスカレーターを上がるとスカイガーデンという、お土産店や地元の特産品が売られていたり、季節の花を楽しめる施設もあります。

    橋を渡るだけでなく、色々な施設も充実していました。

     

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    関連記事

    コメントを残す