池袋のどら焼き「DOU」の生どら焼きが新食感!

池袋 どら焼き

池袋駅構内にある生どら焼きのお店「DOU」に行ってきました。

他のお店にはない新食感な生どら焼きは、いままで食べたことの内容な美味しさでした。

写真でお伝えするとともに、お店がどこにあるのか、アクセス方法・場所についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

生どら焼き専門店DOU【ドウ】

池袋「DOU」は、チーズタルトなどの洋菓子で有名な「BAKE」がオープンした生どら焼き専門店です。

池袋店の場所は、東武池袋駅のB1Fアップルロードにあります。

池袋 どら焼き dou

ゴールドの店構えが目を惹きつけ、実際に生どら焼きを作っているところも、鏡越しに見ることができます。

dou 池袋

メニューは生どら焼き(税込324円)と生どら焼きミニ(税込237円)のみになっています。

店前のディスプレーもお洒落でした。

池袋 dou

和菓子の定番どら焼きに、ふわふわのスポンジケーキの食感を取り入れた、 和でもなく洋でもない、誰も食べたことのない新食感の全く新しい生どら焼きなんだそうです。

私も4個購入してみました。

dou どら焼き

包装紙も淡いブルーとピンクで、素敵です。

手土産に持って行っても喜ばれること間違いなしといった感じです。

dou どら焼き 池袋

生どら焼きの梱包もプラスチックのケースに収められていました。

生どら焼き dou

池袋「DOU」の生どら焼きの特徴は、別立て製法で作ったふんわり生地をさらに蒸し、しっとり上品な口あたりに仕上げたふわふわスポンジケーキ生地で生クリームとあん、求肥をはさんだ和洋折衷の贅沢さと軽い食感です。

生どら焼き 池袋

たっぷりの生クリームは、脂肪分35度でさっぱり軽い口あたりの北海道産クリームを使用し、独自のブレンドで大人の味わいです。

生どら焼き dou 池袋

ふわふわスポンジケーキ生地を上から眺めてみました。

池袋 生どら焼き

甘さ控えめのあんは、北海道十勝産の最上級あずき「雅」を使用し、少量ずつ丁寧に炊き上げることで、ほどよい粒立ちと香りが残ります。

池袋 生どら焼き dou

手作りの求肥は北海道産もち米「はくちょうもち」が使用され、もちもちの食感がアクセントになっています。

生どら焼き専門店DOU【ドウ】へのアクセス方法(最寄り駅)

最寄り駅と場所

  • 最寄り駅:池袋駅

場所は、池袋駅の西口よりのアップルロード(中央通路と北通路の間の通路)になります。

左横には、ステラおばさんのクッキーのお店があります。

池袋 どら焼き dou 場所

地図

  • 住所:東京都豊島区西池袋1-1-21 東武池袋駅のB1Fアップルロード
  • 営業時間:午前10:00から午後22:00

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す