浅草のどら焼き「亀十」東京で3つの指に入る美味しさ!?

浅草 どら焼き

浅草散歩している途中に「御菓子司 亀十」へどら焼きを買いに行ってきました。

東京の三大どら焼き店とも評される、行列の絶えない人気和菓子店です。

どら焼きの写真とともに、お店へのアクセス方法(行き方)などについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

 浅草の亀十のどら焼き

東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩1分、雷門の目の前の場所に店舗があります。

いつも行列ができていて、私が行ったときも平日のお昼だったのですが、約10分待ちました。

亀十

亀十は、創業から90年以上の歴史を誇り、伝統的な和菓子づくりを続けているお店です。

テレビなどのメディアへの露出も多く、有名となっています。

店内に飲食スペースはなく、テイクアウトのかたちのみで購入することができます。

また、定期的なデパートへの出展も行っています。

うすばかりんとう

お店の中で待っているときに、これを食べて待っていてくださいと「うすばかりんとう」を頂きました。

とっても美味しかったです。

ちなみにお値段は、一袋700円です。

亀十 うすばかりんとう

念願の亀十のどら焼きを購入できました。

亀十 どら焼き

あずきのどら焼き3つと白あん1つ、それと最中も1つ買いました。

どら焼き 亀十

亀十のどら焼き(あずき)

お値段は、1個360円です。

亀十 どら焼き 値段

どら焼きの特徴は、生地がパーンケーキのようにふっくらとしているところです。

フワッフワです。

亀十 どら焼き あずき

餡がぎっしり詰まっていますが、甘過ぎないので、とても食べやすかったです。

浅草 どら焼き

1つ目は、そのまま。

2つ目は、レンジで温めたところ、もうパンケーキでした。

浅草 亀十 どら焼き

亀十のどら焼き(白あん)

どら焼きの種類は、あずきと白あんの2種類になります。

白あんのお値段も1個360円です。

亀十 どら焼き 白あん

値段は、他のお店に比べると高いですが、どら焼きが大きめのサイズで、満足感を十分に感じることができました。

甘さひかえめで食べやすく、何個でも食べられるような軽めの食感も魅力の1つとなっています。

亀十のどら焼きは、職人が1つ1つ手作りで作りあげているため、1日3000個限定の貴重なお菓子なんだそうです。

亀十最中

待っているときに、私の目を引いたのがこちらの最中。

思わず1個買ってしまいました。

亀十最中

お値段は、1個330円です。

亀十最中 値段

餡がぎっしりつまっていて、こちらもとっても美味しかったです。

浅草の亀十までのアクセス方法

  • 都営浅草線「浅草駅」A4出口より歩いて約3分
  • 東京メトロ銀座線の「浅草駅」2番出口より歩いて約1分
  • 浅草駅(東武・都営・メトロ)からすぐ

地図

  • 住所:東京都台東区雷門2-18-11

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す