結婚祝いに贈りたい花束 <値段・予算は?友達には?>

結婚祝い 花束

結婚祝いには、新しい家庭を築く門出をお祝いする意味合いが込められています。

その中でも花は、2人を祝福する意味としても喜ばれるプレゼントのひとつになります。

どんな花束を贈れば明るく華やかな雰囲気になるか、選ぶときにどこを気をつけるのか、値段・予算はいくらかなど、兄弟や友達、同僚に渡す前に知っておきたい情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

結婚祝いに贈る花の値段・予算は?

結婚祝いとして花を贈るのであれば、3000円から1万円くらいが相場となっています。

友達や同僚の場合は3000円から5000円、親せきやいとこなどの場合は3000円から8000円、会社関係の場合は5000円から1万円と答える人が多くなっています。

何人かで連名で贈る場合は1万円を超える場合もありますが、他の品物と一緒に贈る場合が多いので、花のプレゼントとしては1万円以内で収めるのが一般的になっています。

結婚祝い 花束 値段

結婚祝いに贈るおすすめの花は?

胡蝶蘭やスズラン、バラ、カーネーション、ガーベラ、デンファレ、チューリップ、かすみ草などがおすすめです。

これらの花を花束にしてもらったり、アレンジメントにしてもらうと華やかなプレゼントになります。

結婚祝いに花を贈る際の注意点

結婚祝いで花を贈る時に気を付けなければならないことは、花の色です。

例えば赤いバラは恋人に贈るものとされているので、注意が必要です。

また、黄色いバラは嫉妬という意味の花言葉がありますので、結婚祝いにはふさわしくありません。

花束で贈るよりも、贈られた後にそのまま飾って楽しめるアレンジメントを選んだり、長く花を楽しむことができるプリザーブドフラワーを贈ると、贈られた方の手を煩わせることが無く喜ばれます。

結婚祝い 花束 友達

女性に贈るときにおすすめの花束

結婚祝いに花を贈る時は、花言葉を意識して花の種類を選びましょう。

花束にするのにおすすめの花として、スズランがあります。花言葉は「永遠の幸せを願って」ですので、友人として門出を祝福したいという気持ちにぴったりです。

西洋では、花嫁が結婚する時に身に付けると幸せになれるとされるものに、サムシング4というのがあります。

その中のサムシングブルーに相当する花として、花言葉が「信じあう心」という意味のブルースターがおすすめです。

結婚祝い 花束 女性

男性に贈るときにおすすめの花束

男性は、普段花を贈られることが多いという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

それだけに、結婚の時に花束を贈られたらインパクトのある贈り物になることは間違いありません。

男性の場合、部屋に花瓶が用意してあるという人は少ないでしょうから、生け替えなければいけない花束ではなく、そのまま部屋に飾ることのできるフラワーアレンジメントや長く楽しめるプリザーブドフラワーを贈るとスマートなプレゼントになります。

結婚祝い 花束 男性

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す