送別会で贈る花束のおすすめは?相場は?男性・女性には?

送別会 花

送別会において、それまでお世話になった上司、同僚、後輩に花束を贈る人も多いはずです。

また、同じ部署の人と一緒にお金を出して贈る場合もあるなど、その贈り方は多種多様です。

ただ、この時に気を付けておきたいのは、新たな人生を歩むであろう人に対してふさわしい花束かどうかということです。

相場はいくらぐらいなのか、贈ってはいけない花束とはどういうものなのか、贈ってから公開することのないようにしておきたいところです。

スポンサーリンク

送別会で贈る花束の相場

送別会で花束を贈る場合、その相場は大体数千円、多くても1万円となっています。

最低でも3000円を花束にかけておけば問題はなく、かつ、見栄えのいいものを提供することができます。

1人あたり500円程度で用意もできるため、負担感も少なく花束を贈り、気持ちを表現することができます。

送別会で贈る定番の花束

定番の花束としては、バラやユリ、チューリップなどが定番になっており、それらを組み合わせたり、1種類の花で統一したりしていきます。

送別会に贈ってはいけない花束・注意すること

ふさわしくない花束として、花言葉に不吉なものが含まれている花は避けることが求められます。

また、白ならよくても、別の色だと違う花言葉になるものもあるため、この花を使えば大丈夫ということではなく、どの色の花ならば大丈夫かということを考えなければなりません。

例えば、定番の花として取り上げたユリも白なら純潔や威厳という意味合いであるものの、ピンクになると虚栄心という意味合いになってしまうため、同じユリでも意味合いが異なるため注意です。

女性の送別会のときにおすすめの花束

贈る相手が女性の場合、ピンクなど可愛さを表現する花束、もしくは純潔さなどをイメージしたものを贈ることをおすすめします。

また、新たな人生を歩む人に対して、門出の意味合いを持つスイートピーの花束を贈るというのもおすすめです。

ほかにもほのかな喜びなどの意味合いもあるため、寿退社などで幸せな門出をする女性に対して贈るのも1つの手です。

第二の人生が明確である人ほど、それに対するエールを表現するのも大事なことです。

男性の送別会のときにおすすめの花束

男性の場合は、異動後の役職、はたまた脱サラしてお店を始める場合など、挑戦に対するエールを送る意味合いの花束であれば喜ばれます。

例えば、ガーベラは花言葉が希望、前向きというものであり、色もピンクやオレンジなど明るい色が多く、元気をもらうことができます。

赤いガーベラならば限りない挑戦、チャレンジ、白いガーベラなら希望、律儀などもあり、様々な色のガーベラを用いて花束を作れば非常にポジティブなものを渡すことも可能です。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す