鎌倉・浄智寺の梅(ウメ)

浄智寺 梅

鎌倉の浄智寺の梅は本数は多くはありませんが、落ち着いた雰囲気の境内に控えめに咲いている姿が、とても美しいです。

見頃の時期は、2月下旬から3月中旬頃くらいまでではないでしょうか。

スポンサーリンク

鎌倉・浄智寺の梅(ウメ)の写真

本堂(曇華殿)周辺の梅

まず鐘楼門をくぐり本堂(曇華殿)へと向かいます。

すると本堂向かって右側に白梅が咲いていました。

浄智寺 本堂

浄智寺 白梅

梅 浄智寺

次は、本堂向かって左側にある石像周辺にしだれ梅が咲いていました。

浄智寺 しだれ梅

しだれ梅 浄智寺

書院が見える庭周辺の梅

本堂を過ぎて散策路を進んでいくと書院が見える庭に出てきます。

そこにも美しい梅が咲いていました。

浄智寺 書院

日陰になっていたので、写真を撮るのが難しかったです。

拝観受付周辺の梅

浄智寺は、拝観受付で境内に入り、小楼門をくぐって境内を散策して、最後はまた1周して拝観受付のところに戻ってきます。

その最後、拝観受付に戻ってきた近くにも梅が咲いていました。

浄智寺 鐘楼門

前方に見えるのが鐘楼門です。

【動画】鎌倉・浄智寺の梅(ウメ)の景色

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す