秩父・尾ノ内百景氷柱2018<開催時期・アクセス方法は?>

尾ノ内百景氷柱

西秩父の小鹿野町で開催されている尾ノ内百景(冷っけぇ~)氷柱を見に行ってきました。

写真とともに開催時期の時期やアクセス方法、ライトアップなどについての情報もご紹介していきます。

スポンサーリンク

尾ノ内百景氷柱2018年の開催時期と時間、料金は

時期

  • 開催期間は、2018年1月7日(日)から2月下旬(天候や氷柱の状況により終了が早まる場合があるのでご注意ください。)
  • ライトアップついては、日程がわかり次第記載します。

時間

  • 通常鑑賞時間は、午前8時から午後16時
  • ライトアップの時間は、日没から午後20時

料金

料金は、環境整備協力金として大人200円(中学生以上)。

小学生以下は無料となっています。

尾ノ内百景氷柱 時期

尾ノ内百景氷柱の状況

尾ノ内百景氷柱の状況は、西秩父商工会が運営しているホームページで確認することができます。

→西秩父商工会のホームページはコチラ

尾ノ内百景氷柱へのアクセス方法(行き方)

バス

西武秩父駅からは、西武バス「栗尾行」または「小鹿野車庫行」に乗って、小鹿野役場で「坂本行」西武バスへ乗り換え「尾ノ内渓谷入口」バス停で降ります。(秩父駅からも同じになります。)

「尾ノ内渓谷入口」バス停からは歩いて約20分です。

尾ノ内百景氷柱の時期には、バスが臨時便を運行したりしますので、時刻表などの詳しい情報は、西武観光バスのホームページで確認することをおすすめします。

→西武観光バスのホームページはこちら

尾ノ内百景氷柱 バス

駐車場

駐車場は約50台停められる無料のスペースが用意されています。

車で行く場合のアクセスマップは、西秩父商工会が運営しているホームページに掲載されているチラシに乗っていますので、そちらを参考にしてみてください。

尾ノ内百景氷柱 駐車場

地図(マップ)

尾ノ内百景氷柱の場所はこちらになります。

東京から電車とバスで尾ノ内百景氷柱へ行ってきた記録

7時30分に池袋駅から特急レッドアロー号に乗って西武秩父駅を目指します。

乗車券と特急券を合わせて1,480円です。

池袋 秩父

西武秩父駅

8時58分、西武秩父駅に到着しました。

西武秩父駅

ひとつしかない改札口を出ます。

西武秩父駅 改札口

「栗尾行」または「小鹿野車庫行」のバスは1番乗り場なので、駅からロータリーに出たら一番左のバス停になります。

1番バス停に到着しました。

9時4分のバスに乗り込みます。

これに乗り遅れると2時間待ちなので、うまく乗り継ぎできてよかったです。

西武秩父駅 バス 小鹿野車庫行

小鹿野役場

バスに揺られること約40分、小鹿野役場に到着しました。

9時55分の「坂本行」のバスを待ちます。

小鹿野役場 バス停

バス停の横には、休憩できる建物があるので、この中に入って寒さをしのぎながらバスを待ちました。

「坂本行」のバスに乗り込み、尾ノ内渓谷入口を目指します。

西武観光バス 坂本行

尾ノ内渓谷入口

約30分で尾ノ内渓谷入口に到着しました。

尾ノ内渓谷入口

10時26分にバス停を出発して尾ノ内百景を目指します。

ちなみに尾ノ内百景氷柱までは、約1.2kmの道のりになります。

八日見山入口の石碑が建っていました。

八日見山入口

尾ノ内渓谷は、小鹿野百景のひとつだそうです。

歩いて行くと神社が右手に見えてきました。

神社の敷地も臨時駐車場として利用できるようですし、奥にも駐車場があると看板が立てられていました。

八日見山龍頭神社

八日見山龍頭神社という歴史ある神社でした。

八日見山龍頭神社

狛犬ではなく、オオカミの像が建っていました。

両方とも破損している部分が多く歴史を感じます。

八日見山龍頭神社 オオカミ
八日見山龍頭神社 狼

拝殿のお賽銭を入れるところになんと御朱印が置かれていました。

御朱印めぐりをしている私としては、頂きたかったのですが、頂いていいものなのかどうなのかわからなかったので、泣く泣くそのままにして写真だけ撮らせていただきました。

八日見山龍頭神社 御朱印

八日見山龍頭神社で参拝して、先へ歩いて行くと無人販売所がありました。

無人販売所

各100円という安さです。

車で来るときは、凍結でスリップしないように気をつけてください。

素敵な景色を見ながら進んでいきます。

途中にも駐車場がありました。

ちなみにこの先にもまだ駐車場はあります。

けっこう坂を上っていくので疲れます。

八日見神水

「八日見神水」と書かれた木が立てられていました。

八日見神水

「八日見神水」は埼玉県の名水湧水だそうです。

さらに進むと尾ノ内百景氷柱の入口が見えてきました。

入口に到着しました。

入口のすぐ右手にも駐車場があります。

尾ノ内百景氷柱 入口

中に入っていきます。

入場券売場があるので、ここで環境整備協力金の200円を支払ってチケットを購入します。

尾ノ内百景氷柱 入場券売場

かなりしっかりと印刷されてチケットでちょっとびっくりしました。

尾ノ内百景氷柱 チケット

所要時間

「尾ノ内渓谷入口」バス停を10時26分に出発して、入口に到着したときには10時47分になっていました。

なので、バス停から入口までの所要時間は、21分。

万歩計は1835歩で、距離は1.32kmとなりました。

ちなみに池袋駅を7時30分に出たので、東京(池袋)からここまでの所要時間は3時間17分となりました。

尾ノ内百景氷柱 所要時間

尾ノ内百景氷柱の写真

氷柱の入口から中に入っていきます。

道がウッドチップになっていて歩きやすかったです。

氷柱がある場所までついに辿り着きました。

ものすごい絶景でビックリしました。

ちなみにこの日の気温はマイナス5℃でした。

手がかじかんで写真を撮るのも一苦労です。

いよいよ吊橋を渡ります。

尾ノ内百景氷柱 吊橋

吊橋から見下ろす景色が恐怖と相まって圧巻でした。

尾ノ内百景氷柱 秩父

秩父尾ノ内百景氷柱

秩父 尾ノ内百景氷柱

私が来たときは、人が少なかったですが休日で人がたくさん来たときに、この吊橋を渡るのかと思うとちょっと怖くなりました。

ちなみにライトアップのときは吊橋は渡れないようです。

吊橋を渡ったところで、行き止まりになっていました。

吊橋を戻るときの景色もステキでした。

【動画】尾ノ内百景氷柱の景色

氷柱の景色を動画にも収めてみたのでよかったら見てみてください。

【動画】尾ノ内百景氷柱のライトアップ

尾ノ内百景氷柱での食事・おみやげ

チケット売場の隣に尾ノ内百景氷柱売店があり、ここで食事やおみやげを購入することができます。

尾ノ内百景氷柱売店

また、甘酒を一杯無料でサービスしていただきました。

冷え切った体はあったまるし美味しかったです。

尾ノ内百景氷柱 甘酒

さらにバスが来るまで1時間以上あったので、はじめの入口近くにあったこちらのお店で一休みさせてもらいました。

普通こういった観光地だと値段も高いのですが、ここのお店はすべてが良心的な値段になっていました。

尾ノ内百景氷柱 食事

中は暖房が効いていて、とっても暖かかったです。

私は「ホットゆず」と「みそポテト」を注文しました。

こちらがみそポテトです。

とっても美味しかったです。

尾ノ内百景氷柱 みそポテト

さらにサービスで、こんにゃくとたくあん、ゆずの漬け物をいただきました。

さらにさらにハガキも頂いちゃいました。

お店の人がとっても優しい方で、バスが来るまでゆっくりしていっていいよと言って下さり、とても助かりました。

尾ノ内百景氷柱のスタンプ

こちらが尾ノ内百景氷柱のスタンプになります。

スタンプは、チケット売り場の人にいうと押してくれます。
尾ノ内百景氷柱 スタンプ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す