山の日はいつから? <制定の由来や理由などを紹介>

山の日はいつから

いつの間にか制定された「山の日」。

祝日ができた理由や由来、せっかくだから山に登ってみたいという人に初心者におすすめの山をご紹介していきます。

スポンサーリンク

山の日とは

山の日とは
「山の日」は平成28年(2016)より、8月11日に制定され、これにより毎年、8月11日はうれしい祝日となりました。

山の日ができた由来は、山に親しむ機会をもち、山に感謝をすることからといわれています。

8月のこの時期は、登山等に向いているため、多くの人達が山に親しむことが出来るようにと定められたようです。

お盆休みの始まりと近いため、会社等によっては、この頃から連休となることもあります。

今まで、8月には祝日がなかったため、山の日として祝日を設け、暑い時期に休みをとることにつながればといった理由も含まれています。

「山の日」ができたことにより、登山の魅力や気軽に登れる山の紹介、また、登山に適したファッションやグッズの紹介がテレビなどのメディアでされるようになります。

日頃、都会に住み、山の魅力に触れることがない人達には、山の日という祝日を使って、行ってみたいような山を訪れることが出来ると、有意義な過ごし方となります。

近くにも、訪れたことのない山があることに気がつくこともあります。

山を身近なものとして訪ねてみると、心の底からリフレッシュ出来ることにつながりますので、ぜひ一度この機会に、山のもつ自然のパワーに癒やされに出かけてみてはいかがでしょうか。

山の日に登りたい初心者におすすめの山8選

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す